日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ロジスティクス用語集  >  た行  >  デジタル式運行記録計

デジタル式運行記録計

<読み>でじたるしきうんこうきろくけい

運行記録計(タコグラフ)とは、車両の運行時に法定3要素と呼ばれる瞬間速度、運行距離、運行時間を記録する機器のことを言います。記録の保存方法により、チャート紙に針で軌跡をつけるアナログ式と、メモリーカードを使用したデジタル式があり、デジタル式はデータでの管理ができるところから事務所での管理が容易に行えます。

デジタコは、円形のチャート紙のような目視による判断が不要で、メモリーカードに記録された運行情報は事務所側の読み取り装置を介してパソコン画面上で整理された形で表示されるため、タイムリーな安全運転指導を行うことができます。

拡張性も広く、ドライバーごとのエンジン回転やアイドリング情報などを時系列的に確認し経済走行管理に利用したり、日報作成や乗務記録の集計作業にも役立てられるほか、各種周辺機器との連動により動態管理、温度管理、貨物追跡などにも応用できるものや、ドライバーに音声で警告する機器も販売されています。

このキーワードでサイト内を検索

関連ワード

関連商品・サービス

おすすめページ

ABC頭文字から探す