ページ内を移動するためのリンクです

健診・疾病予防

禁煙プログラム(通院型)

 喫煙による健康被害は、国内外の科学的知見により因果関係が確立しており、具体的には、がん(喉頭・肺・食道・胃・大腸等)、循環器疾患(脳卒中・虚血性心疾患等)、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患等)、糖尿病、周産期の異常等の原因となります。また受動喫煙などの短期間の少量曝露によっても、健康被害は生じます。
 一方、禁煙することによる健康改善効果についても明らかにされており、肺がんをはじめ喫煙関連疾患のリスクが軽減されます。
 また、この度の新型コロナウイルス感染症に関して、世界保健機関(WHO)によれば、喫煙者は非喫煙者と比較して新型コロナウイルスへの感染で重症となる可能性が高いことが明らかになったと報告されています。
 喫煙をされる方は、是非この機会に「禁煙プログラム」にご参加いただき、禁煙を達成してみませんか。日通健保では、皆様の禁煙を支援します。

禁煙プログラム
(通院型)
禁煙治療を施す医療機関(健康保険適用の医療機関)にて、禁煙指導や禁煙補助薬(貼り薬:ニコチンパッチ等)を使用した禁煙治療(通常3ヶ月5回ほどの治療)を実施し、医師により禁煙達成が認められた場合、日通健保が外来費用(個人負担)分を費用補助するプログラムです。

注意事項:禁煙治療薬剤について
禁煙治療薬「チャンピックス」については、意識障害等の重大な副作用が認められ、自動車運転等の危険を伴う機械操作に従事しない事とされている為、本プログラムでは使用しない事。(個人的にチャンピックスを使用して禁煙治療を行う場合は費用補助の対象外となります)

参加対象者 被保険者で、禁煙を達成したい方、あるいは禁煙を勧められている方。
尚、昨年度までの禁煙プログラムに参加し途中で中止した方、及び一度禁煙達成したが、その後再び喫煙した方も参加可とします。
但し、昨年度通院型プログラムに参加するも禁煙達成できなかった方が、再度通院型に参加される場合は、前回治療の初診日から1年を経過しない場合は保険適用となりません(自由診療となる)ので、ご留意ください。
費用 禁煙達成者には、禁煙治療の外来費用(個人負担分)を補助します。
尚、途中で中止した場合、日通健保からの費用補助は無しとなります。
参加申込
受付期間
2021年10月1日(金)~11月30日(火)
※下記期間に「禁煙キャンペーン」を開催し、積極的な参加を推進しています。
  • 第1回:2021年5月31日(月)~2021年7月30日(金)(終了)
  • 第2回:2021年10月1日(金)~2021年11月30日(火)
実施要領
  1. 参加希望者は「2021年度禁煙プログラム A 通院型(禁煙治療プログラム)参加申込書/同意書」へ必要事項記入・捺印のうえ、衛生担当者(衛生担当課長、保健指導員等)による該当欄の捺印後、日通健保/健康支援ユニット/禁煙プログラム担当宛てに、ご送付ください。
  2. 日通健保は、受領した「2021年度禁煙プログラム A 通院型(禁煙治療プログラム)参加申込書/同意書」に受理印を捺印の上、写しを衛生担当者へご返送しますので、参加者は受領後、医療機関にて禁煙治療を開始してください。
    (参考)健康保険適用の禁煙治療(医療)機関
  3. 禁煙治療(約3ヶ月間)を終了し禁煙達成と認められた場合、担当医師より「2021年度禁煙達成確認書(※1)」に署名・捺印いただき、禁煙治療費の領収書(本片)を「領収証貼付用紙(※2)」に貼付のうえ、日通健保/健康支援ユニット/禁煙プログラム担当宛てに、ご送付ください。尚、(※1)及び(※2)の書面は、日通健保ホームページより、ダウンロードしてください。
  4. 日通健保は内容確認後、禁煙達成者宛て(本人銀行口座宛て)に、禁煙治療の外来費用(個人負担分)をご送金します。尚、禁煙治療以外の治療費ほか、禁煙達成の証明に伴う諸費用は補助対象外となります。
参加申込書
送付先
および照会先
  • 送付先
    〒105-8322 東京都港区東新橋1丁目9番3号(日通本社ビル9階)
    日本通運健康保険組合 健康支援ユニット 禁煙治療プログラム担当宛
  • 照会先
    日本通運健康保険組合 健康支援ユニット 野田 / 鈴木
    外線:03-6251-6484 内線:70111-3544 / 3541
    e-mail: sanae.noda@kenpo.nipponexpress.com kenji.suzuki@kenpo.nipponexpress.com