ページ内を移動するためのリンクです

健診・疾病予防

禁煙治療プログラム

喫煙による健康被害は多数の科学的知見により因果関係が確立しており、具体的には、悪性新生物(食道がん・肺がん・胃がん・肝臓がん・大腸がん等)、循環器疾患(脳卒中・虚血性心疾患等)、呼吸器疾患、糖尿病等の原因となっています。そのため“禁煙”は、これら疾患の発症リスクを軽減させることにつながります。
日通健保では、医療機関での禁煙治療を受診し“禁煙”を達成した方に、禁煙外来費用を補助しています。
是非「禁煙治療プログラム」をご活用いただき、“禁煙”を達成しましょう。

禁煙治療プログラム 禁煙治療を施す医療機関(健康保険適用の医療機関)にて、禁煙指導や禁煙補助薬(貼り薬:ニコチンバッチ等)を使用した禁煙治療実施し、医師により禁煙達成が認められた場合、日通健保が外来費用(個人負担)分を費用補助するプログラムです。
参加対象者 2017年度初めて参加する者または2010年度~2016年度の禁煙治療プログラムに参加するも、禁煙達成できなかった者
実施期間 2017年4月3日(月)~ 2018年3月30日(金)
(医療機関での禁煙治療開始日(初診日)が2017年度中であること)
申し込み 以下、必要書類を記入し、所属事業所の担当者を通じてお申し込みください。
注意事項 以下の費用は、費用補助の対象外となります。
  1. 禁煙治療補助薬として、飲み薬(チャンピックス)を使用して治療を実施した場合の費用
  2. 禁煙治療以外に発生した費用
  3. 医師または医療機関による禁煙達成証明書などの費用