スマートフォン版を表示する
日本通運サイト内検索
  1. 日通トップ  >  会社情報  >  70周年記念事業について

70周年記念事業について

ものを運ぶこと、それは未来をつくること

創立70周年−未来へ向けて新たなスタート

日本通運は、1937年(昭和12年)10月1日「日本通運株式会社法」に基づく、いわゆる半官半民の国策会社として発足しました。その後、第二次大戦の時局の進展にともない、輸送の総合的運営の必要に迫られた政府の方針により、1942年全国主要都市の運送業者を合併し、現在の当社の原型が形づくられました。さらに戦後、1950年における「通運事業法」の施行とともに純粋な民間会社として再出発。以来、日本経済の復興発展と軌を一にして事業の拡大・発展につとめ、今日に至っています。
創立70周年を節目に私たちは、今まで以上に信頼される企業を目指してまいります。

創立70周年を機会にした取り組みをご紹介いたします。

日本通運には、1958年に制定した社訓ともいえる「われらのことば」がありますが、創立70周年を迎え、この精神を引き継ぎ、未来に向けた企業理念を制定しました。
企業理念では、これからの日本通運グループが、どんな方向を目指し、どんなことを大切にし、どのように社会に貢献していくのかを明文化しました。

企業理念

創立70周年を機に、社会に安全を誓い、全従業員の安全を願う、当社の思いを形にして表現しようと、「安全シンボル」を制作しました。

安全シンボル

社会貢献活動

創立70周年を機に、従来の社会貢献活動に加え、環境問題への取り組みをテーマに、あらたに次の社会貢献活動をはじめました。

地域社会と連携し、森林育成等の活動を行っています。

 

未来を担う子供たちへの環境教育を支援しています。

youth change

お問い合わせ

70周年記念事業について

日本通運 With Your Life