ページ内を移動するためのリンクです

健保のしくみ

家族の加入について

健康保険では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族にも保険給付を行います。この家族のことを被扶養者といいますが、被扶養者の範囲は法令で決められていますので、「生計維持の状態」、「親族の範囲」、「収入」等について健康保険組合の審査を受けて、一定の条件を満たしていることが確認できたときに認定されます。
また、認定された後も、被保険者や被扶養者の状況は常に変化しますので、毎年、被扶養者の状況を確認する「被扶養者資格更新審査」が行われます。

  • 被扶養者となるためには、健康保険組合の認定を受けなければなりません。
  • 被扶養者の異動があった場合は、5日以内に届出をしてください。

被扶養者の範囲

被扶養者となるためには、主として被保険者の収入によって生活していることが必要です。扶養の程度の基準としては、申請する方の年間(12ヶ月間)収入が130万円未満(60歳以上または障害厚生年金(障害基礎年金も準ずる)を受給されているときは180万円未満)で、被保険者の収入の2分の1未満であることとされています。

申請される方の収入には、通勤費などの所得税法における非課税分も含まれます。
なお、後期高齢者医療制度に加入されている75歳以上方は、被扶養者となることはできません。

被扶養者の範囲図

被扶養者の範囲

被扶養者資格確認チャートはこちらから[318KB]

被扶養者の異動(変更)があったら

結婚や出産などにより被扶養者が増えたときや、就職や別居、死亡などで、それまで被扶養者に認定されていた家族が被扶養者の認定基準を満たさなくなった場合は扶養から外れる手続きが必要です。なお、当健康保険組合では、毎年、被扶養者の資格を確認するための資格更新審査を行っています。