ページ内を移動するためのリンクです

健保のしくみ

健康保険に関わる制度

任意継続被保険者制度

退職するとその翌日から日通健保の被保険者の資格を自動的に失いますが、退職の日まで継続して2ヶ月以上被保険者であった方は、期限内に手続きを行うことにより、退職後最長2年間に限って、任意継続被保険者として日通健保に継続して加入することができます。

退職日の翌日(現役資格の喪失日)から20日以内に次の3つの手続きが全て完了すること

  • 事業主より『資格喪失届』が届出され、『保険証』が返納されていること
  • 『任意継続被保険者資格取得申請書』よって申請されていること
  • 初回納付保険料が正しく日通健保の指定口座に入金されていること

後期高齢者医療制度

75歳以上の方および一定の障害がある65歳以上の方が加入する医療保険制度で、75歳以上の方は無条件に、一定の障害がある65歳以上の方は選択することにより、日通健保から後期高齢者医療制度に切り替わります。一定の障害がある65歳以上の方は、医療機関での窓口負担割合が3割以下になる等の優遇措置が受けられます。

制度の詳細を見る

前期高齢者医療制度

前期高齢者医療制度とは、65歳~74歳の方を対象とした、被用者保険(健康保険組合等)、 国民健康保険間の医療費負担を調整するための制度です。

制度の詳細を見る