埼玉エリアの物流施設/物流センター/倉庫の最新情報

この商品は以下のキーワードに興味のあるお客様におすすめです

当社は、物流センターとして利便性の高い埼玉エリアに多数の施設を保有し、お客様の多彩な保管・配送ニーズにお応えしています。

豊富な実績と経験に基づき、商品特性に応じた最適な物流サービスを提供しています。

埼玉エリアの物流センターや物流拠点としての利便性や優位性

埼玉県は、首都圏に位置する利便性と災害の少なさが共存する恵まれた地域です。近年、このエリアは物流センターや物流拠点として、次のような特徴から注目を集めています。

このようなメリットがあることから、埼玉エリアは物流センターや物流拠点として検討する場合において、価格面や立地の優位性を兼ね備えた重要な地域となっているのです。

利便性、優位性のある埼玉エリアにおける日本通運の物流施設

そこで、埼玉エリアの利便性や優位性を活かした当社の物流施設について、まとめてご紹介します。

在庫保管はもちろんのこと、仕分け機能や流通加工機能、そしてさまざまな輸送モードを組み合わせた包括的な課題を解決しているのが、当社の物流施設の特長。日本通運ならではのロジスティクス全体をコントロールする物流センターとして、ご紹介します。

埼玉 倉庫

東京北ロジスティクスセンター(仮称)(埼玉県草加市)  

2022年5月竣工予定の東京に近い、新しい倉庫です。

東京外環自動車道「外環三郷西IC」に位置し、北関東方面へアクセスが容易な立地です。また都内との距離も近いため、東京都心向けへのピストン輸送やスピーディーな配送を実現させることができます。

また、鉄道貨物コンテナターミナル駅や路線便の拠点も近いため、トラックによる輸送だけではなく、物量やロットに応じた様々な輸送モードによる出荷が可能です。

埼玉 倉庫

浦和美園ロジスティクスセンター (埼玉県さいたま市緑区)

環境・省エネルギーを意識した、最新設備が整った倉庫です。

東北自動車道の玄関口でもある「浦和IC」から500mの距離にあり、かつ、東北自動車道と東京外環道、首都高速川口線を接続する「川口ジャンクション」からも近接しています。

また付近には宅配各社の配送拠点が存在しているため、小口貨物の出荷において、当日の締め切り時刻に対しても比較的柔軟な対応が可能です。

埼玉 倉庫

関東通運倉庫(埼玉県久喜市)

フォークリフトよる積み込みや積み下ろしが必要なアイテムに適した低床倉庫になります。

東北自動車道の「久喜IC」、圏央道の「白岡菖蒲IC」との距離が3km以内であり、さらに東北自動車道を使えば首都圏へも容易にアクセスできます。

パレット単位のロットボリュームのアイテムに対して、東日本や関東一円をカバーできる良好な場所に位置しています。

埼玉 倉庫

川越物流センター(埼玉県川越市)

首都圏の広域の配送拠点として、利便性の高い倉庫になります。

圏央道の「川島IC」、関越道の「川越IC」、首都高速の「与野IC」がそれぞれ7~16km圏内にあり、都心はもちろんのこと、関越、信越、中部方面に渡って広範囲の物流を支えている物流拠点になります。

また、2Fには空調が完備されているとともに、全館にLEDを採用しているため、倉庫内は温度の大きな変化を受けにくくなっています。

埼玉 倉庫

芳野台倉庫(埼玉県川越市)

川越物流センターと同様、こちらも首都圏の広域の配送拠点としてメリットの大きな倉庫になります。

関越自動車道「川越IC」に近いだけでなく、首都圏を環状する動脈として利便性の高い国16号にも近接しているため、関東を中心とした広範囲への配送が可能です。

特に3Fは天井までの有効高が”7m”と高いため、パレット利用のアイテムの場合、4段積みなどによる効率的な保管方法の提案が可能となっています。

埼玉 倉庫

LOGPORT132 A棟(埼玉県行田市)

富士見工業団地内にあるため、生産拠点の物流センターとしても検討が可能な倉庫になります。

国道125号及び同17号へのアクセスが良好なことから、地域配送若しくは準広域配送について利便性を有しています。

また倉庫内には中柱がないため、在庫を効率よく保管できるとともに、物流センターとして活用いただく場合にも、柔軟性の高いレイアウトの設計をご提案することができます。

今回ご紹介したものは一例で、他にも多数の倉庫を所有しています。また、それぞれの倉庫は住宅地に近接しているため、急な大量出荷やシーズンごとの物量の波動に対するご依頼についても、柔軟な作業戦力の対応が可能になっています。

当社では、埼玉エリアならではの利便性を活かした、お客様への物流センターの幅広いソリューションを提供していますので、ぜひ気軽にお問合せください。

掲載組織名

関東甲信越ブロックロジスティクスビジネスユニット営業開発部

トップ画面へ戻る

関連サービス

  1. 物流施設
  2. 倉庫
  3. NEW
  4. 首都圏
  5. メディカル
  6. 半導体
  7. 電気電子
  8. アパレル
  9. パーツ

首都圏の最新物流センター(倉庫)が、東京/品川大井、埼玉/草加に誕生

  1. 2024年問題
  2. 脱炭素
  3. 持続可能な社会
  4. 鉄道輸送
  5. ドライバー不足
  6. 多頻度小ロット化
  7. モーダルシフト
  8. 共同輸配送
  9. CO2排出量可視化

持続可能な社会実現に向け、低炭素型鉄道輸送サービス「NX鉄道混載便」をスタート

  1. モーダルシフト
  2. 鉄道輸送
  3. CO2排出量
  4. カーボンニュートラル

脱炭素にも有効なモーダルシフトで国内外の輸送をつないだ事例

  1. BCP
  2. 物流施設
  3. 関東関西
  4. 複数拠点
  5. 拠点分散

東京や首都圏の物流センターや倉庫施設、輸出入拠点を戦略的に見直すご提案

  1. 倉庫
  2. 物流センター
  3. ロジスティクス
  4. 3PL
  5. 流通加工
  6. 東京
  7. 首都圏

東京エリアの物流センター/倉庫の最新情報