サステナビリティ経営の課題のひとつ「物流」をNXのSea&Railが解決。
ルートを続々拡大中

この商品は以下のキーワードに興味のあるお客様におすすめです

日々、多くのお客様が課題として抱え、ご相談をいただく「2024年問題」「脱炭素経営」「働き方改革」「BCP対策」。このような課題を抱えるお客様へのソリューションとして、海上輸送と鉄道輸送をシームレスに繋げた物流サービス「Sea& Rail」をご提案しています。2024年に入り、足下の懸念も一層高まる中、当社では、お客様が選択できるルートを続々と拡充しています。なかでも今回は、九州エリアと関西エリアを結ぶルートについてご紹介します。

モーダルコンビネーション型輸送サービス『Sea&Rail』とは

鉄道・海上の輸送力を活用してCO2排出量の少ない輸送モードに変換するモーダルシフトから、近年はモーダルコンビネーションに変化しています。「モーダルコンビネーション」とは、単にトラックから鉄道や海上へシフトするのではなく、各輸送モードの特性を生かしながら、総合的に柔軟に輸送モードを組み合わせ、お客様によりメリットがある輸送体系を実現するものです。激甚化・頻発化する自然災害やドライバー・労働者不足への対応、脱炭素化への取組など、物流面での多くの課題を乗り越えていくためには、様々な輸送手段を効果的に組みわせていくことが重要です。

輸送ルートの拡大

九州エリアと関西エリアを結ぶ、北九州ルート(新門司港-大阪南港)、東九州ルート(大分港-神戸港・別府港-大阪港)、南九州ルート(宮崎港-神戸港)をシリーズに追加し、今後も新たなルートの拡充を計画し、お客様のニーズに合わせた柔軟なサービス提供を継続してまいります。

名門大洋フェリー航路を利用した北九州エリアと関西エリアを結ぶ

 ●Sea&Rail 北九州ルート(新門司港-大阪南港)

名門大洋フェリー

商船三井さんふらわあ航路を利用した東九州エリアと関西エリアを結ぶ

 ●Sea&Rail 東九州ルート(大分港-神戸港)

 ●Sea&Rail 東九州ルート(別府港-大阪港)

商船三井さんふらわあ

宮崎カーフェリー航路を利用したエキスプレスコーポレーションとの連携で

南九州エリアと関西エリアを結ぶ

 ●Sea&Rail 南九州ルート(宮崎港-神戸港)

宮崎フェリー

トラック輸送におけるドライバー不足への対応

労働力人口の減少や、輸送の高頻度小口化が進んできたことから、トラックドライバーの不足が社会問題となっています。また2024年4月には働き方改革関連法による上限規制の適用猶予が終わり、自動車運転業務の時間外労働の制限が以前より厳しくなります。それによりトラックで輸送できる距離の縮小、ドライバー不足による輸送量の減少、輸送コストの増加といった影響が予測されており、この状況が続いていくと、2030年度には34%の輸送力不足の可能性があると言われています。そのような運べなくなるリスクを回避するために、今のうちから鉄道輸送や海上輸送への切り替えといった対策を考える必要があります。

CO2の削減に対応

鉄道輸送によるCO2の排出量はトンキロベースでトラック輸送の1/10、海上輸送はトラック輸送の1/7と言われており、 この2つの輸送モードを組み合わせたSea&Railは、脱炭素社会の実現に繋がります。現在、長距離輸送でトラック輸送を多用しているお客様や、環境に配慮した物流を検討されているお客様には、CO2の削減に即効性のあるサービスとなります。

BCP(事業継続計画)対応に有効

単一輸送モードに拘わることなく、平常時から輸送ルートを複線化しておくことで、災害時にも速やかに輸送手段やルートを変更できます。Sea&Railは、お客様の環境負荷低減に向けた取組みに加えて、2024年問題に見られるトラックドライバー不足問題の解消や輸送のサプライチェーン維持に向けたBCP対策として有効と考えられます。

導入しやすい輸送体系

当社独自のハイブリッドコンテナであるRSVコンテナを利用することで、途中で輸送モードが変わっても貨物を積み替えることなく、鉄道と海上間を容易にシフトできます。積み替え作業の省力化や、時間の短縮化といったメリットが、多くのお客様に好評をいただいています。

●モーダルコンビネーションSea&Rail シリーズ

https://www.nittsu.co.jp/v-site/40.html

●日本海側を経由する「Sea&Rail 日本海ルート」

https://www.nittsu.co.jp/v-site/70.html

●危険品輸送を可能にした、北海道発着「Sea&Rail DG」

https://www.nittsu.co.jp/v-site/71.html

●外航コンテナ 国内中継輸送サービス「Sea & Rail FT」

https://www.nittsu.co.jp/v-site/94.html

●Sea&RailシリーズによるCO2削減効果の確認にCO2排出量の算定・可視化「エコトランス・ナビ」

https://www.nittsu.co.jp/v-site/100.html

掲載組織名

ネットワーク商品企画部

トップ画面へ戻る

関連サービス

  1. モーダルシフト
  2. 脱炭素
  3. 環境配慮
  4. ESG経営
  5. 2024年問題
  6. BCP対策
  7. 危険品輸送

危険品輸送を可能にした、鉄道と海上を組み合わせた複合輸送『Sea&Rail DG』誕生

  1. 2024年問題
  2. 脱炭素
  3. 持続可能な社会
  4. 鉄道輸送
  5. ドライバー不足
  6. 多頻度小ロット化
  7. モーダルシフト
  8. 共同輸配送
  9. CO2排出量可視化

持続可能な社会実現に向け、低炭素型鉄道輸送サービス「NX鉄道混載便」をスタート

  1. モーダルシフト
  2. 脱炭素
  3. 環境配慮
  4. ESG経営
  5. 2024年問題
  6. BCP対策
  7. ルート複線化

海上輸送と鉄道輸送を組み合わせた複合輸送『Sea&Rail』に日本海ルートが新登場

  1. 脱炭素
  2. モーダルシフト
  3. ESG経営
  4. CO2削減
  5. 環境貢献
  6. CO2排出量の見える化
  7. 事務作業軽減

エコトランス・ナビをSaaS型にリニューアル!
お客様が直接利用可能に!!

  1. 貨物汚破損事故防止
  2. 梱包資材削減
  3. エコ
  4. 反復利用
  5. コスト削減
  6. 環境配慮
  7. マルチモード

サステナビリティな輸送やコスト削減は、手軽な容器『プロテクトBOXビジネス』で