SDGsへの取り組み。中古オフィス家具の海外寄付事業「どねサッと」

この商品は以下のキーワードに興味のあるお客様におすすめです

多くの企業が直面しているSDGsへの取り組みの具現化。SDGsの取り組みを行っているにもかかわらず、上手にアピールが出来ていないという声を、よくお聞きします。

日本通運のサービスのひとつ、中古オフィス家具の海外寄付事業「どねサッと」は、従来廃棄していた、企業や自治体のオフィスにある家具や什器を、海外に寄付するというサービス。廃棄物を減らし、循環型社会の形成や社会に貢献できるもので、SDGsへの取り組みがとても分かりやすくアピールできるものでもあります。是非、同サービスを活用しSDGsへの取り組みを推進しませんか?

中古オフィス家具の海外寄付事業「どねサッと」とは

昨今、在宅勤務が増え、自治体や企業がオフィススペースを縮小するなどの理由で、それまで使用していたオフィス家具が不要になってきています。そのようなオフィス移転やレイアウト変更等で不要になった中古オフィス什器を、海外に寄付する事業が「どねサッと」です。一見、シンプルなサービスのようですが、実は開発に時間をかけており、関係省庁や寄付先の国と、法律や条約に抵触しないように、何度も協議を重ねて出来上がったものです。例えば、産業廃棄物処理法やバーゼル条約。寄付品やその部材が廃棄や転売されないよう、関連の法をクリアする条件を設定し、寄付の受け入れ先を選定しています。国内外にネットワークを持ち、長い歴史のなかで積み上げた実績がある日本通運だからこそ実現した当サービス。日本国内で、広い間口で受け付けているのは当社が初めてで、唯一の企業です。

カンボジア

※寄付品は主にカンボジア政府機関事務所の木製机、打合せテーブル、書庫、椅子などに代わって使用されています。

中古オフィス家具を海外に寄付するメリット3選

SDGsの取り組みをメインとして開発したサービスですが、ここではメリットを3つに絞って紹介します。

SDGsを推進する企業の悩みのひとつ、「具体的成果の提示」が実現

近年、多くの企業がSDGsに取り組んでいますが、分かりやすい具体的な成果を出すことが困難というのが悩みのひとつ。一方、当サービスでは、「中古オフィス家具を海外に寄付」という、非常に明快な成果が具現化されます。これは、環境省が推奨する「リユース推進による循環型社会の形成」や社会貢献などへの取組みにあたります。

SDGs取り組みの証明も

現在の寄付の受け入れ先は、法律や条約の条件をクリアして選定されたカンボジア。実際にカンボジアへの寄付の実績はすでに複数ありますが、その証明として、カンボジア王国大使館から感謝状が発行されました。当サービスでは、このように感謝状が寄付企業に贈呈されるので、SDGs取り組みの証明も得られます。

 コストの有効化

実際にオフィス家具や什器を廃棄しようとする場合、産業廃棄物処理にあたり、環境に配慮できていないうえにコストが発生します。海外に寄付し、SDGsへの取り組みとして認識される方がコストを有効に使えているといえます。

中古オフィス家具を海外に寄付した事例紹介

株式会社イトーキ:約2年間で2,200点以上を寄付

日本のオフィスで不要になったもののまだ使用可能な家具や什器を、寄付先に欲しいものだけを選定いただいたうえで、寄付。2021年に開始してからの約2年間で2,200点以上が送られました。

富士通株式会社:寄付先で働きやすい環境整備を支援

オフィスのあり方の見直しの推進にあたり、活用機会のなくなったオフィス家具や什器を寄付することによって、寄付先のカンボジアで働く方々が働きやすい環境整備を支援しました。資源のリユースと、廃棄物の発生抑制に貢献。寄付する家具や什器は、あらかじめリスト化したうえで現地とマッチングし、現地で有効に活用されると判断されたもののみを送られました。

中古オフィス家具の海外寄付事業「どねサッと」は、寄付をする企業の、循環型社会の形成と国際貢献というSDGs活動推進をサポートします。

掲載組織名

広島支店

トップ画面へ戻る

関連サービス

  1. 2024年問題
  2. ドライバー不足
  3. 輸送距離削減
  4. 地方港
  5. 韓国ハブ

釜山港を活用した一元管理サービスで、2024年問題を解決

  1. 自動車部品
  2. サプライチェーン
  3. JIT納入
  4. ミルクラン
  5. 自動車部品物流

自動車部品物流の高機能ソリューションでコスト低減と効率化を追求

  1. EC
  2. Shopify
  3. API連携
  4. 在庫管理
  5. 物流センター
  6. 在庫連携
  7. WMS

Shopify(EC事業)のリスクを軽減する3PL業者の物流フルフィルメント

  1. EC
  2. Shopify
  3. API連携
  4. 在庫管理
  5. 物流センター
  6. 在庫連携
  7. WMS

Shopifyストアの物流コスト削減、顧客満足度の向上、海外展開のサポートは外部委託で解決

  1. EC
  2. Shopify
  3. API連携
  4. 在庫管理
  5. 物流センター
  6. 在庫連携
  7. WMS

アパレル物流・ファッション物流における3つの課題と必要な対策とは?