【印鑑登録】
お見積もり無料!単身向けから家族向けまで引越しは日通におまかせください。

QR決済スタート!引越し料金もスマホひとつで簡単お支払い

  • メニュー

印鑑登録

大切な契約を結ぶ際に使用する「実印」は、住んでいる地域の役場に申請・登録することで初めて実印として認められます。この手続きを印鑑登録といい、不動産の取引や自動車の登録などの契約を控えている方は、引越しをする際に忘れずに行わなければなりません。

具体的な手続きとしては、以前住んでいた地域で登録抹消手続きを、転居先の地域で再登録を行います。そもそも必要がない方は行わなくても良い手続きであるため手続きの期限はありませんが、何らかの契約が間近に迫ってから動き出したのでは、バタバタしたり、印鑑登録をしていないことを忘れてしまったりする可能性も考えられます。近い将来実印を使う予定がある方は、早めに印鑑登録を済ませてしまうことをおすすめします。
手続きにあたって必要なものは、「本人確認書類」「実印として登録したい印章」です。代理人の方が手続きをする場合は、これに加えて「委任状」「代理人の印章(認印も可)と本人確認書類」が求められます。

印鑑登録を行うと「印鑑登録証」が発行されます。これは今後印鑑証明を発行する際に使う大切な書類であるため、なくさないようにきちんと保管しておきましょう。ただし、自治体によってはすぐに印鑑登録証を発行してくれないところもあります。後日申請された住所に照会状を送り、二段階でチェックを行うためです。その場合は照会状を記入・返送し、確認がとれてから再度窓口に出向いて印鑑登録証を受け取ることになります。この場合、発行までに数日かかるため、契約が直近に控えている方は注意しておきましょう。
また、引越し前の地域で行う登録抹消手続きは、この印鑑登録証を返却することで完了します。手続きの際は、忘れずに持参しましょう。

なお、市区町村が変わらない引越しの場合は、原則印鑑登録に関する手続きは必要ありません。転居届さえ提出すれば、勝手に登録された住所が変わります。しかし、一部自治体では例外もあります。引越し先の地域の自治体に問い合わせて、確認しておくと安心でしょう。

※印鑑登録の手続き方法は、地域により一部異なる場合がありますので、詳細は各自治体にお問い合わせください。

他の知恵袋カテゴリ

― 印鑑登録 をご覧の皆様へ ―
引越しに役立つ豆知識をまとめた「引越知恵袋」や箱詰めなどの準備をスムーズにするコツを紹介する「荷造りのコツ」などのお役立ち情報をご紹介します。
また、他の人が感じた事前準備や引越し業者の選び方などの疑問をまとめたアンケート結果も!
引越しでわからないことや疑問に思うことの解決にご活用ください。