導入しやすいShopify Webアプリ「DCX」による物流アウトソーシング

この商品は以下のキーワードに興味のあるお客様におすすめです

簡易に機能を拡張できて利便性も高いShopifyを活用し、国内外でD2C(Direct to Consumer)ビジネスの自社ECサイトを制作する企業が増加しています。

もし、Shopifyで既にECストアをオープンしていてD2Cビジネスの物流アウトソーシングを検討中なら、日本通運のShopify物流Webアプリ「DCX」の利用がベストソリューションの1つです。

DCXは、ShopifyとリアルタイムなAPI連携があらかじめ構築されており、また、日本通運の物流センターで細かいオペレーションを提供することでお客様の物流課題を解決できるソリューション。

本記事では、その導入のしやすさを説明していきたいと思います。

日本通運のDCXを導入するには、以下の3ステップが必要です。

 STEP1.  日本通運へ問い合わせた後に物流アウトソーシングの契約を締結する

 STEP2.  Shopify アプリストアからDCXをインストールする

 STEP3.  在庫商品を日本通運が指定した倉庫へ送付する

以下では、これらのステップにおいて、具体的にどのような手続きが必要であるのかご紹介させていただきます。

STEP1.  日本通運へ問い合わせてアウトソーシングの契約を締結する

DCXのお問い合わせは、本ページもしくは以下の公式サイトから入力することができます。

※ DCX公式サイト お問い合わせページhttps://www.nittsu.co.jp/v-site/dcx_jp.html

お客様の状況に合わせて、最適な倉庫立地の選定や取り扱いアイテムに関する特徴などを理解するために、以下のような情報を頂くとよりスムーズにご返信できます。

入力された内容を基に諸条件をヒアリングの上、物流アウトソーシングに関する業務委託契約を締結させていただきます。

STEP2.  ShopifyアプリストアからDCXをインストールする

ShopifyストアからDCXアプリを簡単にインストール

導入が決まり、日本通運と在庫管理に関する業務委託契約を締結したら、次に実施するのは、Shopify の公式ストアからのアプリインストールです。

インストールするアプリは、こちらのストアページからダウンロードできます。

※ Shopifyストアページ https://apps.shopify.com/dcx

インストール後、画面に従いDCXで初期設定を行います。設定するのは以下のような項目になります。

DCXのインストールが終了すると、ご契約内容を基にお客様とコミュニケーションを取りつつ、日本通運側で次のような作業オペレーションに関する設定を行います。

これらの処理が終了すると、ShopifyとDCXが自動的にデータを同期します。同期された後、以下のようなデータは全てAPIで連携されるため構築に関する手間は一切かかりません。

STEP3.  Shopify ストアの在庫を日本通運の倉庫へ送る

日本通運のオペレーションによるフルフィルメントの自動化

お客様の在庫商品を当社指定の倉庫に納品いただければ、Shopifyから自動で取り込んだ商品マスタを基に、当社にて初期の棚付作業を実施します。棚付が完了すれば、御社の代わりに以下のような作業を実施していきます。

このように、DCXではWebアプリのインストールが手軽で、尚且つ、日本通運に対してD2Cビジネスの物流業務を完全にアウトソーシングすることができます。システム構築に伴う打ち合わせも、高額な初期構築費用も必要ありません。

また、単純な入荷/出荷/在庫管理だけではなく、数多くのお客様のアイテムを取り扱っている日本通運ならではの、D2Cビジネスにおける次のような対応も可能です。

Shopifyを活用したD2Cビジネスの物流アウトソーシング

D2Cビジネスでは、購入者との繋がりを高めたり、急なオーダーの増加に対処したりするなど、物流面においても消費者エンゲージメントを高め、販売機会を喪失しない取り組みを継続する必要があります。

このような課題に対しても、物流面から以下のようなサービスを提供することができます。

DCXによってShopifyストアの物流業務の利便性向上

Shopifyを活用したD2Cビジネスの拡大によって、物流事情にお困りのお客様は是非、お問合せ下さい。

DCXによる在庫管理に加えて、日本通運の作業オペレーションによってお客様のさらなる業務拡大を支援させていただきます。

【公式】DCXのホームページはこちら

>> DCX(Digital Commerce Transformation) とは

掲載組織名

日本通運株式会社 デジタルコマース営業部

トップ画面へ戻る

関連サービス

  1. EC
  2. Shopify
  3. API連携
  4. 在庫管理
  5. 物流センター
  6. 在庫連携
  7. WMS

Shopify ECサイト運営者が直面する11個の物流課題

  1. EC
  2. Shopify
  3. API連携
  4. 在庫管理
  5. WMS
  6. クラウド

Shopifyの在庫管理システム(WMS)における5つの課題と解決策

  1. EC
  2. Shopify
  3. API連携
  4. 在庫管理
  5. 物流センター
  6. WMS

あなたのShopifyストアの在庫管理に最適な「DCX」のサービスは?

  1. EC
  2. Shopify
  3. API連携
  4. 在庫管理
  5. 物流センター
  6. 在庫連携
  7. WMS

Shopifyを始める前に確認すべき4つのポイント ~コスト、制限事項、集客、フルフィルメント~

  1. EC
  2. Shopify
  3. API連携
  4. 在庫管理
  5. 物流センター
  6. 在庫連携
  7. WMS

Shopify(EC)向け「発送代行」サービスとは?~委託できる業務や業者の選び方~