Shopifyストアの物流コスト削減、顧客満足度の向上、海外展開のサポートは外部委託で解決

この商品は以下のキーワードに興味のあるお客様におすすめです

最近は、Shopifyなどオンラインストアの運営企業が自社で在庫管理や出荷業務を行わず、代わりに外部の物流外部委託業者 (サードパーティーロジスティクス/Third Party Logistics/3PL) に委託することが増えています。しかし、「物流外部委託はコスト削減のみに効果を発揮する」という見方が多いため、物流外部委託業者が会社にもたらす多くのメリットが埋もれたままで、発見されにくいこともあります。

この記事では、潜在的な「物流外部委託業者の活用方法」を深堀りし、オンラインストアの運営各社が物流の外部委託を検討する際に、その全体像を把握できるようになることを目的としています。

Shopifyストアにおける物流コストの削減

物流業務の外部委託はコスト削減できます。

物流外部委託業者に物流業務を委託すると、自社で実施するよりもコストを削減することができます。

ただし、ここで言う「コスト」とは直接的な物流費だけでなく、以下のようなコストも含んでいます。

つまり外部の物流専門業者を利用することで、業務の効率化に伴う間接的なコスト削減や、新規投資を抑えられる効果があるのです。

Shopifyストアにおける物流業務の幅広い対応

外部委託先は、物流業務が得意の可能性がある

物流外部委託業者には、新規参入する企業も存在するため一概に言うことはできませんが、アセットや人的リソースを持つ物流企業であれば、以下のような複雑な業務を引き受け、解決してくれることがあります。

以下に、代表的な物流外部委託業者のサービスを紹介します。

物流の外部委託業者によるこれらのサービスを活用することで、オンラインストアの運営企業が自社で業務を行うことに比べて、ビジネスの利便性や拡張性の向上にもつなげることができるのです。

Shopifyストアにおける事業拡大時のサポート

物流業務外部委託先がShopifyビジネスの拡大をサポート

大手の物流業務外部委託業者には、国内外に広がるアセットやネットワークがあり、ビジネスが拡大する際にも次のような柔軟な対応が期待できます。

このように物流外部委託業者は、単純に物流の効率化やコスト削減に貢献するだけでなく、ビジネスの拡大や海外展開など、企業のグローバルな戦略にも大きく寄与することができるのです。

当社では、世界47ヵ国のネットワークと国内1,100拠点を超える営業倉庫、そしてShopifyとAPI連携した物流Webアプリ「DCX」によって、国内外のお客様企業に対する物流外部委託業務を提供しています。

ビジネスの拡大を見込まれる方、または既存の物流に課題を抱えられる方は、是非ご一報ください。

>> 物流Webアプリ"DCX(Digital Commerce Transformation)"とは?

掲載組織名

日本通運株式会社 デジタルコマース営業部

トップ画面へ戻る

関連サービス

  1. EC
  2. Shopify
  3. API連携
  4. 在庫管理
  5. 物流センター
  6. 在庫連携
  7. WMS

Shopify ECサイト運営者が直面する11個の物流課題

  1. EC
  2. Shopify
  3. API連携
  4. 在庫管理
  5. WMS
  6. クラウド

Shopifyの在庫管理システム(WMS)における5つの課題と解決策

  1. EC
  2. Shopify
  3. API連携
  4. 在庫管理
  5. 物流センター
  6. WMS

あなたのShopifyストアの在庫管理に最適な「DCX」のサービスは?

  1. EC
  2. Shopify
  3. API連携
  4. 在庫管理
  5. 物流センター
  6. 在庫連携
  7. WMS

Shopifyを始める前に確認すべき4つのポイント ~コスト、制限事項、集客、フルフィルメント~

  1. EC
  2. Shopify
  3. API連携
  4. 在庫管理
  5. 物流センター
  6. 在庫連携
  7. WMS

Shopify(EC)向け「発送代行」サービスとは?~委託できる業務や業者の選び方~