持続可能な社会実現に向け、低炭素型鉄道輸送サービス「NX鉄道混載便」をスタート

この商品は以下のキーワードに興味のあるお客様におすすめです

「2024年問題」や「脱炭素」といった社会的なテーマに対し課題を抱えているお客様に向けて、新たなサービス「NX鉄道混載便」をスタートしました。これは、東京・大阪から札幌に向けての長距離輸送を対象としたサービスで、鉄道コンテナ単位に満たない小口荷物も鉄道で輸送するというもの。またリードタイムは、札幌市内であれば現状の宅配便・路線便などと遜色ない翌々日配達を実現します。トラックドライバー不足への対応と、環境新時代を切り拓く持続可能な社会実現に向けた、有効なビジネスツールです。

現在お持ちの物流への課題を解決

2024年問題や脱炭素といった課題に加えて、出荷数量が減少したものの、継続して求貨求車を利用したり、他社との共同輸配送をしたいが相手が見つからないといった課題や配送コストの高騰といった課題もよくお聞きします。では、「NX鉄道混載便」でどのように解決できるのでしょうか。

小ロットでも鉄道輸送を実現

荷物の多頻度化、小ロット化が進んでいる一方、鉄道はコンテナ1基に満たないと利用できないという課題があります。また、路線便の規格外サイズ・規格外重量の輸送を行うには貸切輸送をせざるを得ないため、かなり割高となってしまいます。しかし「NX鉄道混載便」では、この鉄道コンテナ単位での受付制限を無くしています。これにより、小ロットからの鉄道利用が可能となりました。

脱炭素への課題を解決

脱炭素

従来は多頻度、小ロットの貨物配送といえばトラックが主流でしたが、脱炭素への潮流を無視できなくなってきた今、モーダルシフトの選択はESG経営の推進に繋がります。トラック輸送から鉄道輸送にすることで、CO2の量が削減できるので、非常に分かりやすい「脱炭素への課題解決」となります。また、「NX鉄道混載便」利用で削減できるCO2排出量が確認できる、というのも日本通運ならではのサービスです。そのためステークホルダーへのESG経営への取組みについての訴求も可能となります。

「NX鉄道混載便」サービスの3つの特長

多くのメリットがある「NX鉄道混載便」サービスですが、ここでは3点に絞って紹介いたします。

リードタイムは宅配便・路線便と同等

鉄道輸送ではあるものの、現状の宅配便などと遜色ない輸送サービスです。現在は東京から札幌、また大阪から札幌のみのエリア限定のサービス。札幌市内であれば、翌々日の配達が叶います。

小ロット貨物も歓迎

鉄道コンテナ(12フィート)単位に満たない小ロット貨物についても、また路線便で扱えない重量物、長尺物についても、条件付きで受付けています。積み替えなどの回数が少ないので、貨物への負担が小さく、小口貨物特有のダメージを軽減できます。

日本通運の他サービスとの組合せが可能

まず発着駅への持込みや駅止め、着地での附帯作業、また幹線のみの鉄道輸送も、ご相談いただければ、調整が可能。貨物量により、自社では見つけられない異業種の共同輸配送パートナーを当社がマッチングしてご提案することもできます。また、積載率の向上や製品汚破損を防止した当社の器材「プロテクトBOX」もご利用いただけます。上積みできない貨物(デリケートな貨物)を輸送したい、貨物外装ダメージを防ぎたい、梱包にかかる手間を省きたい、といった諸課題をも解決します。

プロテクトBOXシリーズ(プロテクトBOXライト)の詳細はこちら

https://www.nittsu.co.jp/v-site/64.html

さらに、当サービスを利用して削減したCO2を計測するツール「エコトランス・ナビ」についても、ご提供いたします。国内輸送でご利用可能な輸送モード(トラック、鉄道、船舶、航空、Sea&Rail※)のCO2排出量の他、運賃 とリードタイムの計3項目を算出できるツールです。他社の類似ツールでもCO2排出量の可視化までは可能ですが、シミュレーション機能や公的機関への書類作成機能があるのは日本通運ならではです。

脱炭素経営に不可欠なツール「エコトランス・ナビ」の詳細はこちら

https://www.nittsu.co.jp/v-site/66.html

お客様が積極的に鉄道貨物へのモーダルシフトを選択できるよう、サービスエリアの拡大とさらなる改良を重ねてまいります。是非、お問い合わせください。

掲載組織名

ネットワーク商品企画部

トップ画面へ戻る

関連サービス

  1. 脱炭素
  2. モーダルシフト
  3. ESG経営
  4. CO2削減
  5. 環境貢献
  6. CO2排出量の見える化
  7. 事務作業軽減

エコトランス・ナビをSaaS型にリニューアル!
お客様が直接利用可能に!!

  1. 脱炭素
  2. CO2削減
  3. モーダルシフト
  4. 環境貢献
  5. CO2排出量の見える化

脱炭素経営に不可欠なツール「エコトランス・ナビ Ver.2」

  1. 貨物汚破損事故防止
  2. 反復利用
  3. 環境配慮
  4. マルチモード
  5. 作業省力化
  6. 積載効率向上

プロテクトBOXシリーズに新バージョン「プロテクトBOXライト」が登場

  1. モーダルシフト
  2. BCP対策
  3. 危険品輸送
  4. 複合輸送
  5. 脱炭素
  6. 複線化
  7. 環境配慮
  8. 物流の2024年問題
  9. ドライバー不足

「モーダルシフトからモーダルコンビネーションへ」 鉄道も海上もトータル活用でお客様の物流をサポート!

  1. モーダルシフト
  2. 脱炭素
  3. 環境配慮
  4. ESG経営
  5. 2024年問題
  6. BCP対策
  7. 危険品輸送

危険品輸送を可能にした、鉄道と海上を組み合わせた複合輸送『Sea&Rail DG』誕生