日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  サービス・ソリューション  >  国内輸送  >  トラック輸送  >  安全、安心の取り組み

安全、安心の取り組み

日本通運の安全文化

日本通運では、経営トップ自ら「安全最優先」「安全は経営の最重要課題」として取り組んでおり、全従業員および関係会社社員も日常業務の中で常に安全に向けた取り組みを実践しています。

安全の誓い
日本通運の安全文化

「安全」は私たちの事業活動の根幹であり、最重要事項です。その「安全」に対する普遍的な理念の象徴として、創立70周年を機にモニュメントを制作いたしました。

ドライバーを始めとした全社員への安全教育

日本通運では、新社員時の初任運転者教育を始めとして、ドライバー指導員制度、検定試験制度、定期研修会などを通じてドライバーの運転技能と安全意識を高めると共に、運転適性診断やSASスクリーニング等によって個人別の指導を実施しています。

  1. 新社員講習(初任運転者教育)
  2. 指導員制度(ドライバー、フォークリフトオペレーター、引越)
  3. 検定試験制度(社内の運転資格者証を交付)
  4. ドライバー定期研修会(25歳から5歳きざみに実施)
  5. 日通グループ全国ドライバー・フォークリフトオペレーターコンテスト
  6. 社団法人全日本トラック協会が主催する全国トラックドライバー・コンテスト、陸上貨物運送事業労働災害防止協会が主催する全国フォークリフト運転競技大会への参加
  7. 運転適性診断の受診、運転記録証明書の取得による個別指導
  8. SASスクリーニング検査の実施。 ※SAS=睡眠時無呼吸症候群
  • ドライバー定期研修会ドライバー定期研修会
  • 伊豆研修センターでの教育伊豆研修センターでの教育
  • 全国トラックドライバー・コンテスト全国トラックドライバー・コンテスト

未然防止対策

交通事故原因の80~90%は人的要因(不安全行動)によるものだといわれており、交通事故を未然に防止するためには、これら不安全行動をなくすことが大切です。日本通運では、交通事故を未然に防ぐため、運転時「5原則」を始めとして、危険予知(KY)活動、職場安全パトロールをつうじて、事故の未然防止対策を励行しています。

  1. 運転時「5原則」と「昼間点灯運転」の実施
    ・「5原則」携帯カードを作成し、毎日、唱和
    ・「昼間点灯運転」実施状況の点検
  2. 危険予知(KY)活動
    ・朝礼、点呼実施時に、ヒヤリハット事例を活用し、3分間KY活動を実施
  3. 過去の事故災害事例をもとに事例研究会
  4. リスクアセスメントの実施
  5. 職場安全パトロールの実施
運行前点検の指導

再発防止策

不幸にして事故・災害が発生した場合には、同じ過ちを繰り返さないことが大切です。日本通運では、再発防止に向けた「安全研究会」を実施すると共に、惹起者講習会やドライバー指導員による添乗指導、安全作業手順書の見直しによって、事故の再発防止に努めています。

  1. 事故災害発生課所への「安全パトロール」と再発防止に向けた「安全研究会」を実施。
  2. 交通事故の場合
    ・事故惹起者講習会
    ・「ドライバー指導員」による添乗教育
  3. 労働災害の場合
    ・安全作業手順書の見直し
ドライバー添乗指導

関連情報

関連商品・サービス

トラック輸送に関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。