スマートフォン用サイトを表示

【初めてのひとり暮らし~お買い物のポイント~】お見積もり無料!単身向けから家族向けまで引越しは日通におまかせください。

初めてのひとり暮らし~お買い物のポイント~

初めてのひとり暮らしでは、家具や家電など何が必要かわからないものです。快適なひとり暮らしのためには、何をそろえておけばよいのでしょうか?

最低限揃えておきたい家具・家電は?

引越しに際する買い物は、「必要最低限に留める」ことを意識しましょう。家具・家電製品で揃えておきたいものは以下7つです。

  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • ベッド(布団)
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • 電気ポット
  • 炊飯器

物件によっては家具や家電のレンタルサービスを行っていることもあるため、事前に確認しておくといいでしょう。

見落としがちなポイント

「家に当たり前にあったもの」は、つい買い忘れてしまう傾向があります。たとえば、以下のようなアイテムです。

照明器具(電球・蛍光灯)

賃貸住宅は、トイレやキッチンには照明器具が付いているものの、メインとなる部屋には付いていないことがあります。また、照明を付ける器具自体はあっても、電球や蛍光灯が付いていないケースがよくあります。内見の段階であらかじめチェックしておきましょう。

トイレットペーパー

意外と忘れてしまうのがトイレットペーパーです。用を足してから気付くという失敗ケースもあるようなので、忘れずに購入しておきましょう。

排水口ネット

生ゴミを排水溝へ落とさないように受け止めるネットです。シンクを利用する際の必須アイテムですので、忘れずに購入しましょう。あわせてお風呂場の排水口用シートも買っておくと、掃除の手間が省けて便利です。

カーテン

昼間に引越しを終え、夜になって気付くことが多いようです。カーテンを購入する際は以下の点に留意すると、ちょうどいいサイズのものが選べます。

・レールがある場合

レールの長さを測って10cmほど長めのものを選ぶ

・レールがない場合

窓の端から端までを測り、20cmほど長めのものを選ぶ

また、日当たりがいい場合は遮光性の高いカーテンを選ぶなど、部屋の様子に応じて適切な商品を購入しましょう。

その他

その他、買い忘れに注意したいものを列挙します。

  • ゴミ箱(部屋数分)
  • 裁縫セット
  • ハンガー
  • 調理器具
  • 食器
  • タオル掛け

どれも、あることを忘れてしまうほど身近なものばかり。チェックシートを作っておくと買い忘れの心配がありません。

インテリアは生活スタイルで買うものを決める

インテリアを購入する際は、自分の生活スタイルや間取りに合わせてそろえていきましょう。ここでは、学生と会社員におけるそれぞれ買い物のポイントを紹介します。

学生のひとり暮らし

学生の場合は1R~1DKが主流となり、そこまで広くないケースが多いです。そのため、インテリアはシンプルにまとめていくのがポイントです。パソコンデスクと食事用のテーブルを一緒にしたり、本棚のスペースをカラーボックスでまとめたりと、省スペース化を図ってインテリアをそろえましょう。

会社員のひとり暮らし

休日は家でゆっくり過ごすこともある会社員のひとり暮らしは、快適な住空間を確保することが大切です。そのため、リラックススペースを作るよう意識してインテリアを配置していきましょう。横になって寝られるソファーを置いたり、夜に読書をするためのイス・机・電気スタンドを用意したりと、ストレス解消ができる環境を作るのがポイントです。

初めてのひとり暮らしで失敗を減らすために

まずは、生活をしていくうえで絶対に必要となる家具や家電、日用品等を購入し、その後、趣味や使い勝手に応じてアイテムを買い足していくといいでしょう。最低限必要なものを知っておけば、ひとまず困ることはないはずです。

― 初めてのひとり暮らし~お買い物のポイント~ をご覧の皆様へ ―
引越しに役立つ豆知識をまとめた「引越知恵袋」や箱詰めなどの準備をスムーズにするコツを紹介する「荷造りのコツ」などのお役立ち情報をご紹介します。
また、他の人が感じた事前準備や引越し業者の選び方などの疑問をまとめたアンケート結果も!
引越しでわからないことや疑問に思うことの解決にご活用ください。