スマートフォン用サイトを表示

【これで安心!ペット輸送】お見積もり無料!単身向けから家族向けまで引越しは日通におまかせください。

これで安心!ペット輸送

最近は犬や猫だけではなく、爬虫類、鳥類、うさぎやハムスター、熱帯魚など、ペットの種類はさまざまです。ペットとして飼育される動物の多くはストレスに敏感で、長時間の移動は大きな負荷を与えることにつながります。特に引越先が遠い場合には、慎重に輸送する必要があります。ここでは、ペットのいる方へぜひ知っていただきたい引越方法とその注意点についてご紹介します。

ペットの引越方法

ペット輸送には大きく2つの方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。きちんと把握してトラブルを未然に防ぎましょう。

ご自身でペットを輸送する場合

自家用車や公共交通機関を利用して輸送しますが、自家用車でペットと一緒に出かけることが多い方は、自家用車で輸送するのが理想です。

・自家用車を使うメリット

自家用車での輸送は、慣れ親しんだケージや車で飼い主と一緒に移動するため、ペットが感じるストレスを最小限に抑えられます。特に老犬(老猫)は、若いときに比べてストレスに対する感受性が高いといわれています。高齢のペットの引越しでは、とりわけ自家用車で輸送してあげるのが望ましいです。

・公共交通機関を利用する際の注意点

公共交通機関を利用する場合、ペットが人の多い環境に慣れていないとストレスを感じる可能性があります。ペットが普段使っているおもちゃや布(シーツ、毛布など)をキャリーケースの中に一緒に入れてあげると、安心してストレスも緩和されます。
また、万が一ペットがキャリーバックやケージから抜け出してしまった場合のことを考え、連絡先を書いたタグを必ず首輪に付けておくようにしましょう。
その他、自家用車、公共交通機関どちらも乗り物酔いが心配されます。市販されている乗り物酔い防止グッズを使用したり、こまめに休憩をとったりして、負担がかからないようできる限り配慮しましょう。

業者へ輸送を依頼する場合

引越業者からの紹介、または直接連絡をして、ペット輸送専門の業者に輸送を依頼する方法です。

・メリット

ペット輸送の豊富な経験をもつスタッフが担当するため、トラブルへの対処が素早く行えます。また専門業者は、車、飛行機、船などの手段をとる場合が多く、人で混み合う公共交通機関と比べるとストレスは軽減されます。

・デメリット

公共交通機関に比べればストレスは軽減されるものの、自家用車での輸送に比べて負担がかかることは否めません。また飼い主側が抱く不安もデメリットといえます。

引越後にすること

新居へ移ってひと安心、というわけにはいかないのがペットの引越しです。引越しした後にするべきことを把握しておきましょう。

新居の壁や床の保護

ペットが新しい環境に慣れないうちは、マーキングや粗相をしてしまう可能性があります。特に、賃貸物件の場合にはトラブルに発展することもありますので、あらかじめマーキングや粗相があったときの対処をしておきましょう。

かかりつけの病院を探す

ペットの健康、飼い主の安心のために、信頼できるかかりつけの病院を見つけることはとても重要です。まったく情報がない状態から探すのは時間も手間もかかるため、もともとかかりつけ病院があった場合は、新居近くの病院を紹介してもらうことをおすすめします。受診歴やワクチンの投薬記録などをもらえれば引き継ぎもスムーズに行えるため、1から検査をしてペットへ負担をかけることもなくなります。
かかりつけ病院がなかった場合には、インフォームドコンセントの有無、新居からの距離、獣医とのコミュニケーションの取りやすさなどを中心に見ていくと、良い病院を見つけやすいでしょう。

登録変更手続き(犬限定)

人間が住民票の住所を変更するように、犬も登録住所の変更が必要です。引越先の役所、もしくは保健所にて手続きを行います。必要になるものは以下の3つです。

  • 鑑札(旧住所で公布されたもの)
  • 印鑑
  • 狂犬病予防注射済証

なお、同じ市区町村内に引越しをする場合は、転居届の提出のときに併せて変更することが可能です。

近隣住民への報告

引越後しばらくの間は慣れない環境にストレスを覚えるため、犬であれば吠えやすくなります。隣のお宅をはじめ鳴き声が届いてしまいそうな範囲の家には、あいさつを兼ねてあらかじめその旨を伝えておきましょう。

引越後の注意点

まずペットを新居に慣れさせることが大切です。そのためにはペットを安心させてあげる必要があります。

トイレやおもちゃは新品にしない

特に犬や猫はニオイに敏感です。使い慣れたトイレ、餌箱、おもちゃなどは自分のニオイが染みついているため、新居に配置してあげると安心します。

最初は屋内で飼ってあげる

旧居では屋外で飼っていたペット(特に犬)も、しばらくの間室内で飼ってあげましょう。飼い主が傍にいる環境がペットを落ち着かせます。

日通ではペットや飼い主のことを考えて、ご自身で輸送することをおすすめしています。そのためペット輸送には対応していません。
なお、日通で引越しを行っていただいたお客さまは、※「ペットアシスタンス」サービスを無料で受けられます。しつけに関する悩みを家庭犬インストラクターへ相談できます。引越後、いつもと様子が違うと思ったときにはお気軽にご利用ください。

  • 「日通アシスタンスサービス」をお申し込みいただいた方となります。
    「日通アシスタンスサービス」とは、日通でお引越しをされた方だけが、ご利用いただけるサービスで、ペットのしつけの他に、車や家のトラブル、医療や法律に関してご相談いただけます。1年間は無料となりますが、2年目以降継続の場合は別途年会費がかかります。

― これで安心!ペット輸送 をご覧の皆様へ ―
引越しに役立つ豆知識をまとめた「引越知恵袋」や箱詰めなどの準備をスムーズにするコツを紹介する「荷造りのコツ」などのお役立ち情報をご紹介します。
また、他の人が感じた事前準備や引越し業者の選び方などの疑問をまとめたアンケート結果も!
引越しでわからないことや疑問に思うことの解決にご活用ください。