スマートフォン用サイトを表示

【無駄のない荷造り】お見積もり無料!単身向けから家族向けまで引越しは日通におまかせください。

無駄のない荷造り

引越しの荷造りはなかなか思うように進まないものです。しかし、ポイントを押さえたちょっとした工夫で、無駄なくスムーズに行えるようになります。

ダンボールの使い方を工夫しよう

引越しのときは、何十個ものダンボールに荷物を詰めなければならないため、作業が進むうちに、「ただ詰め込むだけ」になりがちです。しかし適当に梱包すると、ダンボールの破損や荷崩れが起きやすくなり、余計な作業が増えかねません。
そうならないために、まずは大きいダンボールと小さいダンボールの正しい使い分けを把握しましょう。

大きいダンボール

大きいダンボールには、靴や衣服、タオルのように、軽くてかさばるものを中心に詰めましょう。また、炊飯器やポット、トースターなどの、大きめで軽い家電を梱包する際には、同じダンボール内に他のものを詰めず、エアキャップや新聞紙で周りを覆うようにしておくと傷つかず安心です。

小さいダンボール

小さい段ボールには、本やCD、食器などを詰めましょう。これらは、数が増えると非常に重くなり、大きいダンボールに詰めると底抜けの恐れがあるためです。また、小物や雑貨も小さいダンボールに小分けして入れておくと、取り出しやすい上に、紛失もしづらくなります。

ダンボールの中身がわかるように

荷物を効率良く詰めることは大切ですが、その際には、引越後にダンボールから出すときのことも想定しておきましょう。何十個ものダンボールの中から適切な荷物を取り出すためには、どこに何が入っているかを把握しておく必要があります。そのため、ダンボールには必ず、中身についてペンで書いておきましょう。また、食器が入っているダンボールには「割れ物注意」と記入しておけば、持ち運ぶ際に他の荷物と差別化が図れます。記入する場所は、ダンボールを積み重ねた時でも表示が見えるように、天面ではなく側面が基本です。

キッチン周りの荷造りは時間にゆとりを持とう

キッチンの片付けは、想像以上に時間が掛かります。食器や包丁などの刃物は、詰める際に新聞紙で一つひとつ包まなければなりませんし、タッパーウエアやフライパンといった、大きさがバラバラでダンボールに詰めにくいキッチン用品がたくさんあるためです。
荷造りの鉄則である「使わないものから順番に行う」を意識して、キッチンを後回しにしてしまう方もいるかもしれません。しかし、キッチンにはあまり使わない用具や鍋などが眠っている場合が多くあります。これらは、使用頻度の低いものから段階的にダンボールに詰めていきましょう。最後に残すのは、包丁やまな板、フライパンの一部など、最低限に留めておきましょう。

思い切って処分することも大切

荷造りを慌てて行うと、家にあるものすべてをダンボールへ詰め込んでしまうものですが、「引越しはいらないものを片付けるチャンス」と考えましょう。今は使っていない家電や、着なくなってしまった衣服・靴などはもちろん、老朽化が進んで買い替えが必要な家具などは、思い切って処分するのも一つの手です。
引越専門の不用品回収業者もあり、場合によっては使える家具や家電を買い取ってもらえることもあります。

パソコンや周辺機器の取り扱いには注意!

パソコンは慎重に取り扱わなければなりません。事前にデータのバックアップを取っておくといった中身の管理はもちろん、外的な衝撃にも備えたいところです。購入時に本体が入っていた箱を残してある場合は、それに梱包するのが最良です。サイズがピッタリに作られている元箱であれば、移動時の揺れも防ぐことができ、衝撃も最小限に減らすことができます。
また、コードを荷造りする際も注意が必要です。引っ張られると断線してしまう恐れがあるので、輪ゴムやマジックテープを使ってまとめておきましょう。さらに、コードごとに接続先をメモ書きしておけば、引越後の配線作業もスムーズになります。

荷造りを素早く行うためには、ダンボールへの適切な詰め方や、荷造りの順番などを知っておくことがポイントです。計画的に作業を進めて効率のいい荷造りを目指しましょう。

日通では「荷造りのコツ」で事前準備・梱包のポイントをご紹介していますので、こちらもご活用ください。

― 無駄のない荷造り をご覧の皆様へ ―
引越しに役立つ豆知識をまとめた「引越知恵袋」や箱詰めなどの準備をスムーズにするコツを紹介する「荷造りのコツ」などのお役立ち情報をご紹介します。
また、他の人が感じた事前準備や引越し業者の選び方などの疑問をまとめたアンケート結果も!
引越しでわからないことや疑問に思うことの解決にご活用ください。