ページ内を移動するためのリンクです

こんなときどうする?

保険証・高齢受給者証をなくしたとき

保険証や高齢受給者証を滅失・き損させたときは、ただちに手続きを行ってください。

保険証を滅失、破損したとき

必要書類

■届出書

  • 被保険者証 滅失・き損 再交付願
    願書は、勤務先の健康保険担当者から入手してください。(任意継続被保険者の方は、日通健保の任意継続担当)

■記入例

提出期限 事由発生からただちに
手数料 滅失の再交付には1枚につき1,000円の再交付手数料が必要となります。
(高齢受給者証の滅失のときは必要ありません)
き損の再交付のときは、き損した保険証を返納することで再交付手数料が不要となります。
対象者 保険証・高齢受給者証を滅失・き損させた被保険者・被扶養者
お問い合わせ先・書類提出先 勤務先の健康保険担当者。
(任意継続被保険者の方は、日通健保の任意継続担当へ)
手順

【再交付(滅失・き損の場合)の手順】

  1. 再交付願を勤務先の健康保険担当者宛に提出してください。任意継続の方は日通健保の任意継続担当者へ直接提出してください。
  2. 同時に、滅失による再交付のときは、再交付料として1枚につき1,000円を勤務先の健康保険担当者宛に支払ってください。
  3. 日通健保に再交付願が到着してから、概ね1ヶ月程度を目安に再交付して、勤務先の健康保険担当者宛に送付します。
    再交付願を提出してから、程なく発見される方が多くいらっしゃるため、一定期間をおいてから再交付しています。
  • 再交付を受けるまでの間に医療機関を受診する必要がある方は、勤務先の健康保険担当者へ連絡して、「健康保険資格証明書」の交付を受けて受診してください。
  • 保険証の再交付を受けた後に、滅失した保険証や高齢受給者証が発見されたときは、発見された保険証・高齢受給者証を勤務先の健康保険担当者に提出して日通健保に返納してください。なお、この場合でも1枚につき1,000円の再交付手数料の返還はありません。