日本通運 日本通運

  1. 日通トップ >  サービス・ソリューション  >  専門輸送  >  美術品輸送  >  収蔵品デジタルアーカイブサービス「SmartMuse」

収蔵品デジタルアーカイブサービス「SmartMuse」

収蔵庫の整理からデータ登録・撮影まで、窓口を一つに集約
日通が、すべてワンストップでお手伝いします

学芸員の皆様、こんなお悩みはありませんか

  • 収蔵庫の整理が追いつかない

  • データ入力や更新作業に手が回らない

  • 作品の保管場所が足りない

  • 作品をデジタル化したいが専門スキルがない

人手不足が要因で起こる美術館や博物館の課題をワンストップで解決
美術館・博物館の「デジタル化」「業務負担軽減」に貢献します

「SmartMuse」は、日本通運と富士通が共同で開発したソリューションサービスです。
美術館や博物館の収蔵品を5つの要素(データ管理、収蔵庫整理、輸送・保管、データ入力代行、デジタル化)で切れ目なくサポートします。

SmartMuseの特長

収蔵庫整理・保管倉庫・データ登録・写真撮影等をワンストップでサポートします。

約70年間、美術品輸送のリーディングカンパニーとして培ってきたノウハウとヒアリング力を生かして
収蔵品管理に関するこれらの業務を日本通運が代行し、一つの窓口でサポートします。
窓口が一本化されることにより、業者との連絡の手間を大幅に軽減することが可能となります。
また5つのサービスの内、1つのサービスだけでもご利用いただけます。

大容量・クラウドサービス「Musetheque SaaS」によるデータ管理

クラウドサービスのため、どの端末からでも便利にアクセスでき、大容量ファイルも高精細での登録が可能です。
画面・登録可能容量はお客様のご希望に合わせて個別にカスタマイズすることもできます。

日通×富士通ならではの安心のセキュリティ・充実のサポート体制

公的資格である品質マネジメントシステム(※1)、情報セキュリティの国際認証であるISMS認証(※2)を取得し、
高品質・高セキュリティによる安心安全なシステムの開発・運用を実現。
万が一の際のサポート体制も万全です。

  • ISO9001
  • ISO27001

SmartMuseによって実現できること

業務の負担軽減

学芸員の皆様の業務をアウトソーシングしていただくことにより、日々の業務の負担軽減に貢献します。

収蔵品管理と展示の新たなカタチを可能に

「Musetheque SaaS」では、管理用ページだけでなく公開用ページを同時に作成できるため、
ワンクリックで簡単に作品をインターネット上に公開できます。
加えて、RFIDタグを活用した収蔵品管理や、借用貸出に伴う館同士のデータ共有等、
デジタル化データを活用し、より業務負担を削減していくような展開を目指します。
またバーチャル展覧会等、データを基に新たな価値創造を富士通と共に検討してきます。

SmartMuse 5つのサービス

館内の収蔵品整理を美術品専門スタッフがお手伝いします(収蔵庫整理サービス)

美術品取扱のスペシャリストが収蔵品整理を代行し、収蔵作品のスムーズな管理を促進します。

美術品専用倉庫で作品をお預かりします(輸送・保管サービス)

温湿度・セキュリティが完備された美術品専用倉庫で作品をお預かりします。
時期、立地、物量に依りますので、詳しくはお問い合わせください。

作品データをクラウドアーカイブサービスでお預かりします(データ管理サービス)

収蔵品情報・写真その他メディア・入出庫情報を、「Musethque SaaS」で一括管理することが可能です。
万全なセキュリティ環境でデータをお預かりするため、個人情報も安心して登録できます。
また、富士通独自の検索機能により、素早いレスポンスで膨大なデータも瞬時に検索できます。

既存の作品目録や画像・音声入力を代行します(データ入力代行サービス)

デジタルデータだけではなく、現在紙媒体で保管されている作品目録の入力も代行いたします。

作品の撮影・スキャニングをサポートします(デジタル化サービス)

撮影やスキャニングのプロフェッショナルと連携し、様々なサイズ・媒体の作品のデジタル化をサポートします。
フィルムのデータ化も可能なため、これを機に様々な媒体で保管していた情報の一元管理を実現できます。

お問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。