日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  産業別  >  医薬品産業

医薬品産業

医薬品ロジスティクスに関するあらゆる面から
事業・業界を俯瞰したロジスティクス戦略を構築

日本通運の医薬品ロジスティクス
日本通運独自の品質管理の下で、医療・医薬品を安全かつ確実にお届け先へ配送。万全のセキュリティが求められる治験薬や治験機器、温度管理や振動対策が必要な特定医薬品などにおいても、製品の特性に応じた最適な輸送方法をコーディネートします。

日本通運が医薬品物流で実現すること

  • 確実な医薬品の安定供給

  • 継続的な改善の実施

  • 物流活動のデータベース化

輸送を通して医薬品の価値を高め
必要とする人々のもとへ確実に届け健康に寄与します

日通独自の医薬品サプライネットワークで医薬品物流を革新します。

GDPに基づく品質管理に加え、医薬品供給のBCP対応、共同物流や車両のラウンドユースを可能にする独自のネットワークを構築。
製品の輸出入拠点(成田・関空)に加え、東日本、西日本、九州、富山の全国6拠点に医薬品に特化した倉庫を順次新設。
「調達」「製造」「販売」に伴う保管、輸送等の物流プロセス全体を一貫して品質管理。温度逸脱などのリスクを軽減。

日通の新医薬品センター(専用設計)

九州医薬品センター2020年10月竣工済み
住  所:福岡県北九州市小倉南区
延床面積:17,279.16m2
構  造:鉄骨造地上5階建
西日本医薬品センター2020年12月竣工済み
住  所:大阪府寝屋川市
延床面積:63,654.79m2
構  造:鉄筋コンクリート+鉄骨造地上4階建
富山医薬品センター2021年1月竣工済み
住  所:富山県富山市
延床面積:11,243.34m2
構  造:鉄骨造+鉄骨鉄筋コンクリート造地上5階建
東日本医薬品センター2021年2月竣工済み
住  所:埼玉県久喜市
延床面積:64,942.97m2
構  造:鉄骨造地上5階建

日通医薬品センターの特長

  • PIC/S GDPを規範とした 医薬品専用倉庫
  • 入荷エリア、保管エリア、出荷エリアを明確に区分、安全・確実なオペレーションを確保
  • トラックドック、前室、シートシャッター、エアシャワー、エアカーテンを配置し、入出荷作業の際の防虫管理とセキュリティを確保
  • 定温、保冷の温度管理に加え、輸出入用の保税エリア、特殊医薬品エリアなどサプライチェーンのあらゆるニーズに対応
  • 保管エリアは、温度を24時間総合監視
  • 災害等に備えた、免震構造(一部除く)および非常用発電設備の設置
  • 自動化設備導入による庫内オペレーションの高度化

日通の医薬品専用車両(専用設計)

医薬品専用車両

医薬品専用車両の特長

  • GDPが要求する厳しい品質基準に応えるため、自社による医薬品専用車両を導入
  • 車両に搭載された設備は、日通独自に検討を重ねて開発した世界最高基準の仕様
  • 各種セキュリティシステムによる安全・確実なオペレーションの担保
  • 複数温度帯に対応した空調設備を完備、夏季および冬季の厳しい環境下でのバリデーション実施済車両
  • 温度管理に加え、輸送中の動態管理を含めた温度監視システム

医薬品ロジスティクス最新情報

お問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。