日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  グローバルロジスティクス  >  欧州・中東・アフリカ

欧州・中東・アフリカ

日本通運グループは、欧州主要各国や中東欧諸国、ロシア連邦、アラブ首長国連邦に現地法人を置き、自社ネットワークを展開しています。

欧州・中東・アフリカの拠点情報

ドイツやオランダ、英国など欧州主要各国や中東欧諸国、ロシア連邦、アラブ首長国連邦の計21カ国に26社の現地法人を置き、汎欧州での自社ネットワークを活かした取組みを展開。欧州13ヶ国でAEO(Authorized Economic Operator)の資格を得るなど、通関やセキュリティの品質維持も強化しています。新興地域への展開も積極的に進め、市場ニーズに柔軟な拠点の拡充を行っています。

組織規模 従業員:2,503名
26社 1事務所
84拠点
(2017年6月末現在)
拠点倉庫規模 485,540m2
(2017年6月末現在)

欧州・中東・アフリカのサービス情報

  • EB3000(ロッテルダム発ロシア向けクロスボーダー輸送)
    XB3300は米国日通が2010年にリリースしたトラック輸送サービス“NEWLINKS”の一つで、カナダ(トロント)~アメリカ(中西部・ 南部)~メキシコ(モンテレイ)間の3,300kmに及ぶ、自動車産業集積地を結ぶトラック輸送サービスです。

欧州・中東・アフリカ ニュースリリース

グローバルロジスティクスに関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。