日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  サービス・ソリューション  >  専門輸送  >  美術品輸送

美術品輸送

かけがえのない文化遺産を、過去から未来へと運ぶエキスパート。
「さわってはいけない」ものを梱包し、取り扱うプロの技術と、振動や空調に細かく配慮した輸送手段。この2つが高度に調和して、はじめて、私たちは皆さまに、本物を目の当たりにする喜びをお届けできるのです。

日通の美術品輸送とは

高度な美術品輸送技術とノウハウ
自由の女神。ミロのヴィーナス。モナ・リザの微笑。誰もが知っていて、幸運な人だけが直接鑑賞できる、そんな美術品を運ぶ仕事。世界にふたつとない芸術的遺産を扱うこの業務は、まさに日本通運の高度な輸送技術とノウハウを体現しています。
作品に合わせたきめ細やかな対応
東京と九州で開催され計165万人という日本美術の展覧会としては史上最高の入場者数を記録した「国宝 阿修羅展」では輸送技術として最も難しい乾漆仏の阿修羅像を運搬し、東京と九州で展示。また、長年に渡り実現不可能とされた特別展「台北國立故宮博物院」では台湾の故宮博物院の「翠玉白菜」「肉型石」を含む秘宝の数々を展示。日通美術の伝統、実績が築き上げてきた信頼を守るため、信頼の源となる技術の伝承、レベルアップに今後も努めていきます。

専用設備とスタッフ育成

展覧会情報

ルーベンス展―バロックの誕生

 「王の画家にして画家の王」の異名をもつルーベンスの展覧会は、日本でもこれまで何度か開催されてきましたが、今回はルーベンスが1600年から1608年の8年間に滞在したイタリアとの関係性に着目。
 ルーベンスの作品を、古代彫刻や彼に先行する16世紀のイタリアの芸術家の作品、そして同時代以降のイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示し、ルーベンスがイタリアのバロック美術から何を学んだのか、そして、その後のイタリア美術界にどのような影響を与えたのかという、ルーベンスとイタリアとの双方向の影響関係に焦点を当てた、新しい試みの展覧会となります。
 作品は、リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ワシントン・ナショナル・ギャラリー、エミルタージュ美術館などから来日。展示点数は近年では最大規模です。

会場・会期

  • 2018年10月16日(火)~2019年1月20日(日)
    国立西洋美術館(東京・上野公園)
    公式サイト : http://www.tbs.co.jp/rubens2018/
  • 開館時間、休館日等はこちらの公式サイトにてご確認ください。

マルスとレア・シルウィア(部分)

ペーテル・パウル・ルーベンス
《マルスとレア・シルウィア》
1616-17年 油彩/カンヴァス 207.5×271.5cm
ウィーン、リヒテンシュタイン侯爵家コレクション
©LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

ルーヴル美術館展

肖像芸術-人は人をどう表現してきたか

 人の似姿を抽出する肖像は、はるか古代から今日にいたるまで、連綿と行われてきた芸術ジャンルです。肖像の制作にのぞんだ芸術家たちは、どのような素材や手法を用い、どのような表現を生み出してきたのか。
 本展は、ルーヴル美術館の全8部門(古代オリエント美術、古代エジプト美術、古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術、絵画、素描・版画、彫刻、美術工芸品、イスラム美術)を代表する約110点の肖像作品が、時代・地域の垣根を越えて顔を揃え、肖像の社会的役割や表現上の様々な特質を浮き彫りにします。
 27年ぶりに来日するヴェネツィアの巨匠ヴェロネーゼの傑作《美しきナーニ》から、3000年以上も前の古代エジプトの棺を飾ったマスク、古代ローマの皇帝やルイ14世、ナポレオンなどの君主像を表した絵画や彫刻、そして華麗な女性や愛らしい子供たちの肖像や芸術家の自画像まで、肖像芸術の世界を余すことなく紹介する、かつてない展覧会です。

会場・会期

  • 2018年5月30日(水)~9月3日(月)
    国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
    公式サイト : http://www.ntv.co.jp/louvre2018/
  • 開館時間、休館日等は展覧会ホームページにてご確認ください。

モネ それからの100年

つまり、モネは印象派でなく、
あらゆる現代美術の生みの親ではないのか?
(アンドレ・マッソン、1975年のインタヴュー)

印象派を代表するクロード・モネが現在パリのオランジュリー美術館の壁面を飾っている睡蓮の大作に取りかかるのは、ちょうど100年ほど前のことです。画家が没した翌年の1927年にこの睡蓮の壁画が公開された時、人々の反応は今では考えられないほど冷淡なものでした。それから20年余、あまりに時代に先んじていたモネの斬新な絵画表現は次第に理解者を増やし、今ではマッソンの言葉通り、現代美術の出発点として位置づけられています。
本展ではモネの初期から晩年までの絵画と、彼の精神を受け継ぐ後世代の作家たちによる絵画・版画・写真・映像を一堂に展覧し、両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにします。そして、「印象派の巨匠」という肩書にとどまらず、いまもなお生き続けるモネの芸術のゆたかな魅力に迫ります。

会場・会期

  • [横浜]
    2018年7月14日~9月24日
    横浜美術館
    横浜展公式サイト : https://monet2018yokohama.jp/
  • 開館時間、休館日は各公式サイトでご確認ください。

クロード・モネ《睡蓮》1906年 吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)

クロード・モネ《睡蓮》1906年 吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)

美術品輸送に関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。