日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  サービス・ソリューション  >  専門輸送  >  美術品輸送

美術品輸送

かけがえのない文化遺産を、過去から未来へと運ぶエキスパート。
「さわってはいけない」ものを梱包し、取り扱うプロの技術と、振動や空調に細かく配慮した輸送手段。この2つが高度に調和して、はじめて、私たちは皆さまに、本物を目の当たりにする喜びをお届けできるのです。

日通の美術品輸送とは

高度な美術品輸送技術とノウハウ
自由の女神。ミロのヴィーナス。モナ・リザの微笑。誰もが知っていて、幸運な人だけが直接鑑賞できる、そんな美術品を運ぶ仕事。世界にふたつとない芸術的遺産を扱うこの業務は、まさに日本通運の高度な輸送技術とノウハウを体現しています。
作品に合わせたきめ細やかな対応
東京と九州で開催され計165万人という日本美術の展覧会としては史上最高の入場者数を記録した「国宝 阿修羅展」では輸送技術として最も難しい乾漆仏の阿修羅像を運搬し、東京と九州で展示。また、長年に渡り実現不可能とされた特別展「台北國立故宮博物院」では台湾の故宮博物院の「翠玉白菜」「肉型石」を含む秘宝の数々を展示。日通美術の伝統、実績が築き上げてきた信頼を守るため、信頼の源となる技術の伝承、レベルアップに今後も努めていきます。

専用設備とスタッフ育成

展覧会情報

カラヴァッジョ展

圧倒的な描写力、強烈な明暗、観る者を引き込む生々しさ。17世紀バロック絵画の幕開けを告げる革命児カラヴァッジョ。

 北イタリアのミラノに生まれたカラヴァッジョは、13歳から絵画修業を始め、ローマでその画才を発揮します。独特な視点と迫真の写実により傑作を次々と制作、大評判となりました。その絵画が型破りなら、その人生もまた波乱に富んだものでした。名声が高まるほど、素行は乱れ、ついに1606年には殺人を犯します。しかし罪を逃れて流浪する晩年にも、深い闇をたたえた数多くの傑作を生み出し続けました。天才の栄光とともに、狂乱や無頼の人生は38歳で幕を閉じます。

 本展では、現存する希少な真筆作品の中から日本初公開を含むカラヴァッジョの代表作を、彼に影響を受けた同時代の画家たちの秀作ともに紹介いたします。激情と苦難に彩られながら、新時代の潮流を導いたカラヴァッジョの芸術の輝きをご覧ください。

会場・会期

  • [札幌展]

    2019年8月10日(土)~10月14日(月・祝)
    北海道立近代美術館(札幌市中央区北1条西17丁目)

  • [名古屋展]

    2019年10月26日(土)~12月15日(日)
    名古屋市美術館(名古屋市中区栄2−17−25 芸術と科学の杜・白川公園内)

  • [大阪展]

    2019年12月26日(木)~2020年2月16日(日)
    あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区阿倍野筋1−1−43 あべのハルカス16階)

  • 公式サイト :
    http://m-caravaggio.jp/
  • 開館時間、休館日等は展覧会公式ホームページにてご確認ください。

法悦のマグダラのマリア

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ
《法悦のマグダラのマリア》
1606年 個人蔵

美術品輸送に関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。