日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  サービス・ソリューション  >  専門輸送  >  美術品輸送  > 「日本通運」だからこその多様な輸送チャンネル

「日本通運」だからこその多様な輸送チャンネル

美術品輸送 ✖ 重量品輸送

美術品には様々なジャンルの作品がありますが、時には人力や、普段使用する機材だけでは取り扱うことができないほど、重く大きな美術品もあります。そのような場合には、重量品を専門に取り扱っている部署と連携し作業を進めています。当社の重量品輸送は、発電設備やプラントの輸送・据え付けから、巨大展望台や新幹線輸送まで多岐に渡り、簡単に代替があるものでない貴重なものを運ぶ、という点では、美術品輸送と共通する点があります。重量品輸送部門と連携することで、より幅広い作品の輸送が可能になるのです。

美術品輸送 ✖ 警備輸送

美術品には、非常に貴重で高額なものも少なくありません。普段使用する美術品専用車や倉庫には、既にセキュリティ設備が備わっていますが、それに加えて、作品輸送中に警備員が美術品専用車に帯同する「伴走警備」が求められることもあります。全国で現金輸送等を行っている警備輸送部門との連携により、より安全安心な輸送を提供することが可能です。

美術品輸送 ✖ 航空輸送

日本通運は大手フォワーダーでもあります。海外へ、また海外から美術品を輸送する場合には、必ず輸出・輸入の手続きが必要となります。
美術品輸送においては、リスクを減らすために、輸送時間をなるべく短縮することが求められます。社内のフォワーディング部門と連携を取ることにより、時間がかかることの多い通関手続時のリードタイムを短縮することが可能になり、より早く作品を輸送することができます。

美術品輸送 ✖ オフィス移転

年間約25,000件のオフィス移転実績を持つ日本通運。移転・引越部門とタッグを組むことにより、企業のオフィスで保管されている美術品の輸送にも対応することが可能です。これまでにも大小様々な移転プロジェクトに携わってきました。移転先のオフィスで、移転前と同じように美術品が置かれている場合、そのお手伝いをしているのは私たち日本通運かもしれません。

美術品輸送に関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。