スマートフォン用サイトを表示

【失敗しないお見積もり】お見積もり無料!単身向けから家族向けまで引越しは日通におまかせください。

失敗しないお見積もり

お見積もりで失敗すると、想定外の費用が発生したり、希望していたサービスを受けられなかったりといったトラブルを招く可能性があります。お見積もりで失敗しないためには、どのような点に注意すればいいのでしょうか?

お見積もりは複数の業者へ依頼しよう

サービス内容や運搬・梱包方法、料金体系などは引越業者ごとに異なります。そこで、見積もりは複数の業者、できれば3社以上に出してもらうのが理想です。こうすることで、相場の判断ができる他、自身の希望により合った業者が見つけやすくなります。また、他業者で見積もりをとっていることをその業者に伝えることで、値段交渉の材料にもなります。できるだけ安く引越ししたいという方にとってもメリットのある方法です。

自宅まで来てもらうのが確実

複数の業者で見積もりを取る場合、インターネットで比較サイトを利用する方もいるかもしれません。しかし、ウェブサイトを利用した一括見積もりの場合、各業者の詳細な情報が得られないことも多々あります。後からオプションを追加することで余分な費用が発生し、結果的に合計額が高く付いてしまう可能性もあるでしょう。こうした事態を防ぐためにもおすすめなのが、自宅まで来て見積もりをしてもらう「訪問見積もり」です。

訪問見積もりのメリットとは?

訪問見積もりのメリットは、あらかじめ必要なサービスやオプションを踏まえたうえでの見積額を提示してもらえる点です。業者は、ネットや電話などの見積時には、想定外を予測して多めの金額を提示することが多くあります。その点、実際に見て見積もりをしてもらう場合、不要なオプションを抜いてもらうことで見積価格が安くなることもあるのです。
また、業者側は、見積もりの段階で間取りや家具の配置が確認でき、作業の順番や計画を立てられます。そのため、引越当日になってから大型家具を運び出すのに手間取ってしまった、といったトラブルも防げるでしょう。

複数業者へ訪問見積もりを依頼する場合の注意点

見積もりをする際は、複数業者を別の日取りにして来てもらうか、同じ日に呼ぶかの2択になります。時間がない場合、複数の業者を同日に呼ぼうと考える方もいるでしょう。この方法なら、お互いの業者を意識させることで、結果的に料金を下げられるという意見もあります。 しかし、複数業者を同じ時間帯に呼ぶのはマナー違反だと言われています。他の業者がいる中では作業をしづらいですし、見積もりも出しづらいものでしょう。場合によっては、同日に他の業者も来る、と伝えた段階で見積もりを断られてしまうケースもあるため注意しましょう。

認識違いのないよう、しっかりと確認を

見積書類は、業者によって書式や記載される情報が異なります。そのため、一つの業者には書かれている事項が他の業者の書類では記載されていないこともあります。こうした点をすべてチェックし、気になる点があれば質問をしましょう。
たとえば、段ボールやガムテープは無料か、使用した段ボールは引越後には引き取ってもらえるのかといった点は業者によって異なるものです。また、エアコンの取り付けや布団袋の有無、不用品回収が有料なのかといった点も、意外と見落としがちです。その他、破損などの不備があった場合の保証についても確認しておくと安心でしょう。
「無料だと思っていたオプションが有料だった」「やってもらうつもりだった作業がプランに含まれていなかった」といった認識の齟齬が起きることのないよう、漏れなく疑問点を洗い出しましょう。また、聞いたことを確実にメモしておくのも漏れを防ぐポイントです。

引越しの見積もりは、ただ金額を提示してもらうだけの作業ではありません。自身の希望等を明確にし、その要望を業者にきちんと伝えることで、初めて正確な情報が得られるのです。見積もりで失敗をしないためにも、「なんとなく金額が知りたい」という曖昧なままではなく、聞きたい点を洗い出す作業も忘れないようにしましょう。

日通では引越プランナーがタブレット端末を用いてお客様のご要望に沿った正確なお見積もりを心がけています。

― 失敗しないお見積もり をご覧の皆様へ ―
引越しに役立つ豆知識をまとめた「引越知恵袋」や箱詰めなどの準備をスムーズにするコツを紹介する「荷造りのコツ」などのお役立ち情報をご紹介します。
また、他の人が感じた事前準備や引越し業者の選び方などの疑問をまとめたアンケート結果も!
引越しでわからないことや疑問に思うことの解決にご活用ください。