スマートフォン用サイトを表示

【引越時期でお得になる!】お見積もり無料!単身向けから家族向けまで引越しは日通におまかせください。

引越時期でお得になる!

引越業者の料金や不動産物件の家賃は1年の間で変動しており、時期を選ぶことでおトクに引越しすることができます。また、現在の住んでいる物件の契約内容の確認も、引越費用の節約につながります。

物件の価格が下がる時期を知っておこう

家賃のピークは3月!

不動産物件の家賃や手数料、敷金・礼金などは、1年の間に変化するということをご存知でしょうか?価格変動の最大の要因は契約数の変化です。ピークを迎えるのはほとんどの場合、新大学生や新社会人が引越しを行う2月~4月となっています。
この時期は不動産物件が豊富なので、好みの物件が見つかりやすいというメリットはありますが、「節約」という観点から見た場合、この時期に引越しすることはおすすめできません。

秋ごろが物件探しで狙い目

2月~4月に余ってしまった物件や急に空きが出た物件は、不動産仲介業者や大家さんが家賃の引き下げを検討します。特に大家さんにとって、空き部屋がある状態は大きな損失なのです。
家賃の引き下げは9~11月ごろにピークを迎えます。引越費用を節約したい方は、この時期を目安に物件を探すとよいでしょう。

秋ごろ引越しする際の注意点

秋ごろの引越しは、家賃等々を安くすることができますが、同時に物件の状態に注意しなければなりません。
不動産物件の契約が最も活発になる時期に契約されなかった物件ということで、「何かしら理由がある」ということも考えられます。もちろん掘り出し物である可能性もありますが、できる限り多くの物件が見られるよう時間にゆとりを持っておくと安心です。

引越業者の料金も時期によって変動

物件の価格と同様に、引越業者の料金も3月~4月にピークを迎えます。3月~4月の引越しは、その他の時期と比べて概ね10%程度、高いと20%ほど割増になります。また、引越業者によっては、繁忙期ということで荷造りや一部のサービスを行ってくれない場合もあります。もし引越時期を選べる状況であれば、この時期は避けた方がよいでしょう。
引越業者を安く利用するのであれば、繁忙期を避けた時期が良いでしょう。予約も立てこんでいないため、急な依頼でも問題なく対応してもらえるうえ、値引き交渉にも応じてくれる可能性が高くなります。

二重の家賃の発生を予防しよう

賃貸住宅にお住まいの方は、引越時期によって家賃が二重になってしまうことに注意しましょう。
旧居の家賃契約の〆日が、新居の契約開始日と重なっている場合には、双方の家賃が同時に発生してしまう可能性があります。この状況を二重家賃と言い、見逃してしまう方が多いポイントとなっています。
条件の良い物件を見つけたときに、だれかに先を越されないようにと、入居予定日よりも前に契約を交わすケースがありますが、二重家賃はこのような行動によって発生しやすくなります。完全に「余分な費用」なので、できる限り発生しないように努めましょう。以下2点に注意することで、ある程度二重家賃の発生を抑えることができます。

旧居の契約内容を確認する

大幅な二重家賃の発生は、契約内容をよく把握していない場合に起こりやすいという傾向があります。旧居の契約内容を確認し、引越日を調整しましょう。

新居の管理者へ連絡をとってみる

物件によっては、「初月分は日割りでの支払いが可能」「家賃発生日をギリギリまで遅くしてくれる」という対応を採ってくれるところもあります。事前に連絡をとって、確認、相談をしておけば安心です。

上記の3点に注意すれば、引越費用、家賃等を合わせて、数万円程度おトクになることもあります。無理のない範囲で引越時期について考えてみてください。

― 引越時期でお得になる! をご覧の皆様へ ―
引越しに役立つ豆知識をまとめた「引越知恵袋」や箱詰めなどの準備をスムーズにするコツを紹介する「荷造りのコツ」などのお役立ち情報をご紹介します。
また、他の人が感じた事前準備や引越し業者の選び方などの疑問をまとめたアンケート結果も!
引越しでわからないことや疑問に思うことの解決にご活用ください。