スマートフォン用サイトを表示

【引越業者を利用した節約術】お見積もり無料!単身向けから家族向けまで引越しは日通におまかせください。

引越業者を利用した節約術

引越しの際にまず悩むのが、「業者へ頼むかどうか」ではないでしょうか?「自分ですべて済ませた方が安上がりじゃない?」と考える方も多いはずです。単身や地域内での引越しであればなおさらそう感じられるでしょう。しかし、実は引越業者を利用した方が安上がりという場合もあるのです。

自力で引越しが一番お得?

まずご自身で引越しされる場合に最低限必要な道具を見てみましょう。

梱包資材

  • ダンボール
  • ガムテープ
  • エアキャップ

運搬用資材・道具類

  • 工具(家具の解体の際に必要)
  • ロープ(積荷の固定に必要)
  • トラックシート(トラックでの引越しの場合)
  • ベニヤ板(荷台に荷を高く積み上げる場合は必要)
  • 軍手

レンタカー

以上をすべて一からそろえようとすると、安く見積もっても30,000円程度はかかります。また、建物の保護(養生)用資材もそろえようとすると、さらに費用は大きくなります。
一方、業者の引越作業は、単身プランで30,000円~40,000円というところが多くあります。もちろん完璧な養生を施したうえで専門家が運搬し、万が一床や荷物に傷がついた場合の保証も充実しています。もしご家庭に引越しの際に必要な道具がまったくない状況なら、引越業者に依頼した方がおトクになる場合も珍しくないということです。

引越業者に依頼した方が安くなりやすいケース

上記でも触れましたが、場合によってはご自身で引越作業を行うより、業者に依頼した方が安くなるというケースがあります。以下のケースをご自身の状況と照らし合わせて、引越費用の節約を考えましょう。

単身

単身引越しのプランは、引越業者各社が安価に打ち出しているのが特徴です。梱包資材がセットになっている場合も多く、フリー便・午後便などと併せて利用すれば相場より安く済むことも珍しくありません。

引越しに必要な道具を一からそろえる必要がある

上記で紹介したケースです。一般家庭では使用しないものが多いため、結果的に業者に依頼した方が安くなる場合が多いです。

引越先が遠方、かつ荷物が多い

普通車での引越しになると、何度も往復しなければならず高速料金、燃料費がかさみます。大型自動車免許をもっていれば大型トラックを使用するという手もありますが、そもそも大型トラックをレンタカーとして貸し出しているお店が少ないため現実的ではありません。従って業者に依頼した方が経済的なうえ手間も省けます。

引越業者の閑散期

ご自身で引越しをする場合、必要となる費用は一年中変わりませんが、業者の引越料金は一年の中で変動します。引越業者に相談してみましょう。

一部のみ自分で作業して節約

引越作業をすべて業者に任せた場合、オプションの料金が高くなることがあります。こういったケースでは、オプションの対象となる部分をある程度ご自身で負担することによって、安く業者を利用できる場合があります。車をお持ちであれば、不用品の処分、精密機械の運搬などは比較的容易です。またご自身の車にできるだけ荷物を積むようにすれば、多少引越料金が安くなる可能性もあります。

引越業者を上手く利用すれば、ご自身で引越しするより安く、手軽に引越しすることが可能です。「自分で済ますのが一番安い」という先入観にとらわれず、まずは見積もりを依頼してみることをおすすめします。

― 引越業者を利用した節約術 をご覧の皆様へ ―
引越しに役立つ豆知識をまとめた「引越知恵袋」や箱詰めなどの準備をスムーズにするコツを紹介する「荷造りのコツ」などのお役立ち情報をご紹介します。
また、他の人が感じた事前準備や引越し業者の選び方などの疑問をまとめたアンケート結果も!
引越しでわからないことや疑問に思うことの解決にご活用ください。