原状回復工事

テナントビル退却時に必ず必要となる工事です。高品質と、低コストを目指します。

移転費用のうち、大きな割合を占める原状回復工事。
日本通運グループでは、適正な見積もり費用を算出いたします。

新オフィスへの移転後、現在使用しているビルをご契約の内容をもとに、造作物の撤去、補修工事を行いビルのオーナー様に返却する必要があります。これが「原状回復工事」です。
原状回復工事はかならず必要になるため、費用についても移転全体のコストの一部として把握しておく必要があります。

適正な工事費用の算出

原則としてビル管理会社指定の工事業者が請け負う原状回復工事は、見積もりに不明確な点がある場合も。
日本通運グループは、「適正な工事費用」をお客様にご提示し、安心して頂くためにNPO団体、日本住宅性能検査協会の協力により費用の算出をさせていただきます。
(費用が掛かります。詳細はお問合せください。)

原状回復工事の内容

※(オーナー提示の仕様基準によります)
たとえばこのような工事が必要となります。

  • ・タイルカーペットの貼り替え
  • ・塩ビタイルのクリーニング
  • ・造作物の撤去、壁クロス交換
  • ・ブラインドのクリーニング
  • ・天井の補修(間仕切り設置箇所・照明の交換)
  • ・電話、LAN等配線の撤去
    他、専用部の清掃補修 等

その他のサービスを見る

  • 現状調査
  • レイアウトデザイン
  • 家具の購入
  • 家具のクリーニング
  • 備品管理システム
  • 防災備蓄品管理システム
  • 文書管理コンサルティング
  • 移転ポータルサイト
  • 移転スケジュール管理
  • 内装工事
  • 電気・電話LAN工事
  • 社員引越しサポート
  • 移転作業
  • 個数認証システム
  • 原状回復工事
  • ペーパーリサイクルボックス
  • 文書保管サービス
  • アフターフォロー

オフィス移転のサービス一覧を見る