日本通運 日本通運

  1. 日本通運トップ  >  サービス・ソリューション  >  倉庫保管  >  物流センター(倉庫)ネットワーク  >  南関東地区ネットワーク(東京、千葉、埼玉、神奈川、山梨)  >  横浜青葉物流センター(仮称)

横浜青葉物流センター(仮称)

拠点概要

名称 横浜青葉物流センター(仮称)
所在地 神奈川県横浜市都筑区川和町654番1号
敷地面積 7,793m2(2,357坪)※予定
延床面積 17,007m2(5,144坪)※予定
天井高 5.5ⅿ
耐荷重 1.5t/m2
構造/規模 鉄骨造、地上4階建
竣工予定日 2022年1月31日
横浜青葉物流センター

ロケーション

近隣幹線道路
東名高速道路「横浜青葉IC」より約3.0Km
第三京浜道路「港北IC」より約4.6Km
公共交通機関
グリーンライン「川和町駅」約1.0Km
JR横浜線「中山駅」約2.3Km
東海道新幹線「新横浜駅」約7.0Km
東京バス「川和団地地下バス停」約0.4Km
横浜市営バス「千代橋バス停」約0.4Km

特徴1(ロジスティクスサービス)

  • 高速道路インターチェンジへのアクセス良好な立地で、羽田空港・横浜港へのアクセスが容易な物流拠点です。
    拠点立地から、都内・神奈川県内、首都圏への配送拠点としても最適です。
  • 住宅地に近く、駅からのアクセスの良さなどから、多くの労働力を必要とする場合にも対応が容易です。
  • 今後ますます高度化・多様化するお客様の物流ニーズに対し、蓄積したノウハウ、弊社独自の情報システム・車両・施設・人員を組み合わせ、新時代のロジスティックスソリューションをご提供いたします。

特徴2(施設)

  • バースはすべて全天候型で、天候に左右されない入出荷が可能です。
  • 2F~4Fは倉庫エリアにも空調が設備されているため、倉庫内作業も快適です。
  • 貨物用EVは1,100×1,100サイズパレットが6枚積載可能な大型サイズです。
  • 垂直搬送機が2基設備されているため、上層階への効率的な運搬が可能です。
特徴2(施設)

倉庫保管に関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。