日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  サービス・ソリューション  >  倉庫保管  >  物流センター(倉庫)ネットワーク  >  東北地区ネットワーク(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)  >  秋田中央ロジスティクスセンター

秋田中央ロジスティクスセンター

拠点概要

名称 秋田中央ロジスティクスセンター
所在地 秋田県秋田市土崎港穀保町130番38他
敷地面積 16,879m2(約5,106坪)
延床面積 9,347m2(約2,828坪)
構造/規模 地上2階建て(倉庫部分:平屋建て)、鉄筋鉄骨コンクリート造、耐震・耐火構造
竣工日 2009年7月27日
秋田中央ロジスティクスセンター

ロケーション

航空輸送拠点 秋田空港 約35km 約40分(高速利用)
海上輸送拠点 秋田港 約5km 約10分
路線配送拠点 秋田貨物駅 約5km 約10分
近隣幹線道路 秋田自動車道
秋田中央ロジスティクスセンター

特徴(施設)

  • 定温倉庫と一般倉庫が完備されており、夏期は定温保管、冬期は一般保管等と荷物の性質に応じて、倉移し保管することができます。
    • 無駄のない低コストで荷物保管をすることが可能です。
  • 少量の荷物でも低コストで配送できる弊社の共同配送システムを利用することで、秋田県内や東北各県への配送にも対応できます。
    • 得意様先への共同納品を実現させ、サービスの高度化を生み出すと共に、情報システム化により物流の「ムダ」を省き、コストの低減と見える物流の実現が可能です。また、物流コストの削減に止まらず、在庫の圧縮の実現も可能となります。
  • 全天候型の倉庫のため、荷物が雨や雪、風の影響を受けません。
    • 倉庫内で積込作業を行うため、荷物が濡損することはありません。
  • 秋田港に隣接しているため、特定保税蔵置場としてご利用できます。
    • 輸入しようとする貨物において、一時的にその関税や消費税を保留することができますから、お客様のご都合により荷物を出荷することが可能です。
  • 近隣に弊社の輸送拠点が集中しているため、あらゆるモード輸送に対応できます。
    • 隣接している秋田港からの海上輸送、秋田貨物駅からのJRコンテナ輸送、秋田空港からの航空輸送が可能です。
特徴(施設)

倉庫保管に関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。