日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ロジスティクス用語集  >  DEF  >  FAL条約(国際海上交通の簡易化に関する条約)

FAL条約(国際海上交通の簡易化に関する条約)

<英語・別名称>Facilitation of International Maritime Traffic

FAL条約とは、Convention on Facilitation of International Maritime Trafficの略です。

船舶の入出港に関する手続き(入出港・通関・入管・検疫・衛生手続きなど)が各港バラバラだと時間がかかり、円滑な国際物流の阻害要因にもなります。

そこで各港での手続きを標準化して国際海上交通の簡易化・迅速化を図るため、1965年に国際海事機関(IMO)が採択、67年に発効しました。
発効を契機に、例えば港長・港湾管理者・税関・入国管理局それぞれに対して行う入(出)港届けを統一申請様式とするなど、従来16種類あった申請書類を原則として8種類(入出港届け・積み荷目録・船用品目録・乗組員携帯品申告書・乗組員名簿・旅客名簿・危険物積み荷目録・名告書)に統合、申告項目も約3分の1に削減し、電子化による申請も可能になりました。

このキーワードでサイト内を検索

関連ワード

関連商品・サービス

おすすめページ

ABC頭文字から探す