日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ロジスティクス用語集  >  か行  >  共有建造方式

共有建造方式

<読み>きょうゆうけんぞうほうしき

共有建造方式とは、国内船を建造する際、海運事業者と独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が費用を分担し、完成後も費用の分担割合に応じて一定期間共有する方式のことです。

このキーワードでサイト内を検索

関連ワード

おすすめページ

ABC頭文字から探す