日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ロジスティクス用語集  >  か行  >  コンテナフレートステーション

コンテナフレートステーション

<英語・別名称>Container Freight Station

コンテナフレートステーションとは、輸出入コンテナの専用の上屋(一時保管・荷捌き場)を指し、CFSと呼ばれます。コンテナヤード(CY)と同様、通常船会社または船会社指定の港湾運送事業者が所有・運営しています。

輸入の場合、FCL(1社貸切)はCYで通関され、コンテナのまま荷主に届けられますが、LCL(混載)の場合はCYからCFSに横持ちされ、そこでコンテナから貨物が取り出され、輸入通関が行われた後に、荷主に引き渡されます。このためLCLにはFCLにないCFSチャージが運賃のほかに加わります。

このキーワードでサイト内を検索

関連ワード

関連商品・サービス

おすすめページ

ABC頭文字から探す