ポイントを押さえよう!オフィスデザイン、オフィス家具

オフィスレイアウト

仕事の効率化を図るオフィスレイアウト

 オフィスは、社員が仕事をするうえで基本となる場所です。しかし、自社にとって効率の良いオフィスレイアウトについて、具体的に考えている企業は少ないでしょう。ただ机を綺麗に並べ、それぞれの机の向きを調整するだけではいけません。オフィスレイアウトは、間違えてしまうと仕事の効率を下げる危険性まであります。

 また、建築基準法や消防法のような法律で定められた項目も多く、オフィスの安全面で考慮すべきこともあります。自社のオフィスで失敗をしないためには、法律に則した動線確保を行い、開放感にポイントを置いたレイアウトを行うことが重要です。ここでは、安全で仕事の効率も良くなるオフィスレイアウトについて解説していきます。

仕事の効率化を図るオフィスレイアウト1.オフィスに動線と開放感が重要な理由

 オフィスの動線とは、オフィス内を社員が動く際に通るであろうルートをいいます。動線は、社員それぞれの動きや作業に合わせ、効率よく移動できるように考えなければなりません。もしも往来がしにくくなってしまうと、作業効率が悪くなるだけでなく、社員同士のコミュニケーションにも支障をきたしてしまう恐れも生じます。社員それぞれの座席から、実際の動線を確認していく作業が大切になるでしょう

 また、災害などの緊急時には直ちに移動できるようにしたり、社員の健康面にも考慮したりすることも大切です。法律によって定められた項目も多くあるので、注意が必要です。業務中に災害が起きた場合、避難用の動線を考えているオフィスと考慮されていないオフィスでは、避難のスピードに大きな差が生じます。社員の安全面も考慮することは、安心して働くことのできる環境を作ることにもなり、作業の効率化にも繋がるものです。そして、オフィスレイアウトは一旦作り上げてしまうと変更が大変になります。移転などのタイミングに合わせて、効率的な動線を確認してレイアウトに生かしていきましょう。

 オフィスで動線とともに重要なのは、開放感です。オフィスに開放感がないと、社員はストレスを感じやすくなってしまいます。オフィスを移転する際に、内覧でフロアの広さや設備、照明には注意が向くでしょう。しかし、それだけでは足りません。内覧の際には、天井の高さにも注目すべきです。一般的に、天井の高さは2.6m前後といわれます。1つのフロアに100人以上の社員がいた場合、天井の高さは3m以上ないと圧迫感を覚えてしまいます。天井以外のポイントとして、部屋などが狭く仕切られていると、圧迫感があってストレスを感じやすくなります。そして、壁の多いオフィスは空間全体を見渡すことができないので、緊急時などに危険を察知しにくくなる可能性もあります。

仕事の効率化を図るオフィスレイアウト2.動線計画を立てるうえでのポイント

 動線計画を立てる際に、凝りすぎてしまうのは良くありません。さまざまな移動の可能性を考慮しすぎると、動線の数が多く複雑になってしまい、かえって作業効率が落ちてしまうことになります。そのため、基本的には動線はシンプルなものが良いでしょう。また、オフィスレイアウトを考える際には、法律についても知っておく必要があります。法律は、災害などが起きた場合など、有事にその被害を最小限に抑えるために定められています。設計や手続きは法律に従って行い、不明な点は専門家にその都度相談するようにしましょう。

 オフィス内を移動するとき、ルートを迷ってしまうと効率が悪くなり、ストレスも溜まってしまいます。そこで、分岐や行き止まりを作らないよう気を付けることが大切です。また、メインとなる動線以外にもう1つ違うルートも作っておくと、人通りの多いときなどに役立ちます。オフィスを多くの人が移動する場合には、何人かが同時に移動することも考えなければなりません。その際に大事なのが、移動のスペースに十分な広さを確保することです。

 デスク同士を背中合わせに配置した場合には、間隔は180cm以上空けて、移動する際のスペースを確保するようにしましょう。また、デスクを横並びにして配置した場合は、90cm以上空けるようにして通路として十分なスペースを作ることが大切です。そして、最後にもう一度計画を見直してみます。その際、無駄な動線がないか、オフィスの入口を塞いでいないかなどをチェックしましょう。

仕事の効率化を図るオフィスレイアウト3.開放感を得るためのアイデアと注意点

 オフィスで開放感を得るために、さまざまなアイデアが必要になります。まず、天井が低めの居抜き物件であるオフィスの場合には、天井の色を明るいものにするという方法です。白などの明るい色にすることによって、低い天井であっても圧迫感を覚えることなく、開放感を出すことができます。また、スケルトン物件であれば、天井の作りや高さの段階から決めることができます。そのため、フロアの広さや社員の人数などに応じて、標準よりも高めの天井にすることによって開放感を出すことができます。デザインによっては、天井をあえてふさがず配管を見せた作りにしても、ユニークで開放感が出ます。

 会議室や部署などを細かく壁で仕切ってしまうと、閉鎖的になってしまいます。そこで、壁で区切ることなく、ガラスパーテーションやローパーテーションによって区切るという方法があります。壁の向こうが見えたり、上部が開放されていたりすることだけでも、閉鎖的な雰囲気を変えることができます。そのほか、すべてではなく部分的に区切ることによっても、オフィス全体に開放感を与えることができます。

 開放感を出すことを考える際には、注意すべき点もあります。まず、開放感を与えるために天井を高くすることは大切ですが、高くしすぎてしまうとエアコンなどの効率が悪くなってしまうことがあります。天井の高さを決められる場合には、エアコンの配置も考えてバランスをとるようにすべきです。また、開放的である点に目が行きすぎると、機密情報やプライバシーについて疎かになってしまう危険性もあります。開放的にするのとともに、隠さなければいけない空間についても配慮する必要があります。

仕事の効率化を図るオフィスレイアウト4.非常事態に備えておくことも重要

 オフィスレイアウトを考えるにあたって、作業効率を上げることや社員のストレスを軽減させることは大切な要素です。しかし、それ以外にも重要な項目が存在します。災害など、非常事態が起きた際の備えとして、法律が整備されています。建築基準法や消防法がその例で、オフィスレイアウトを決める際にも考慮しなければならない項目が多くあります。関連の法律についての正しい知識を持って、地震や火災などの非常事態時に取るべき避難ルートを確保しておく必要があります。

 ビルには赤い三角のマークがついている窓があります。そのマークがついている窓は、非常用侵入口と呼ばれる場所です。緊急時に消防車などが来た際に、外側から侵入する場所なので、塞がないように注意しなければなりません。また、緊急時に安全に避難しやすくするだけでなく、落下事故や火災などがオフィス内で起きにくいレイアウトにすることも大切です。オフィス内に危険な箇所が無いように注意してレイアウトを行いましょう。地震などの災害が発生した場合には、社員がオフィスで長時間待機するケースも想定されます。緊急時のために、社員の非常食などの必要備品を備蓄しておく場所を作っておくことも大切です。

机上理論だけでなく実際に試してみよう

 オフィスレイアウトを図面化すると、完璧に見えてきます。しかし、実際にオフィスで使用してみるとイメージ通りにはならない部分が多くあります。また、安全面などを考慮した法律に関わる部分も数多くあります。オフィスの備品を購入して配置する前に、まずは専門家に相談をしておくと心強いでしょう。そして、現場で確認することによって、より使いやすいオフィスを作ることができるのです。

オフィスデザイン

会社に出勤するのが楽しくなる!オフィスデザインの決め方

 オフィスは、日々いろいろな人が出入りする場所です。仕事を行う場所であるだけでなく、社員同士でコミュニケーションを取ったり、顧客と打ち合わせをする場所でもあります。したがって、オフィスは単に機能的なだけでなく、訪問客も社員も居心地が良い場所であることが大切なポイントになります。オフィスが快適であれば、仕事もはかどり、社員や顧客との関係性にも良い影響をもたらすでしょう。

 ここでは、これからオフィスを移転したり、オフィスを変えたりする計画がある人に向けて、プランニングにあたって注意すべきポイントを紹介します。さらに、会社に出勤するのが楽しくなるようなオフィスデザインの具体的な決め方について解説していきます。

オフィスデザインの決め方1.居心地がよいオフィスデザインとは?

 まず、居心地が良いオフィスデザインとはどのようなものなのかを知っておくことが大事です。居心地が良いオフィスの特徴としては、仕事のしやすさが挙げられます。快適さには、見た目と機能面の2つの側面で評価ができます。オフィスであれば、見た目におしゃれでステキなオフィスと感じるだけでなく、使いやすく生産性を上げてくれるオフィスであることが重要です。居心地が良いオフィスは、社員の心身にも大きなメリットをもたらします。良いオフィスで仕事をすることで精神的に満たされ、健康面にも良い影響が期待できるでしょう。

 居心地が良いオフィスは、社員の仕事へのモチベーションをうまく上げてくれるという特徴もあります。快適に仕事ができるので、誰かに何か言われなくても自然とやる気が維持できます。オフィスとしての快適さとしては、適度にプライバシーを守りつつ開放感があることも大事なポイントです。閉鎖的ではないけれど、必要なプライバシーは守られていることで安心して働けます。

 室内の快適さには、空調も大きな考慮要素です。なぜなら、暑すぎても寒すぎても、湿度が高くても低くても、快適な空間にならないからです。空調がほどよくきいていて、快適な温度と湿度が維持されているオフィスなら、いつでも気持ち良く仕事に取り組めるでしょう。オフィスに付属する設備としては、給湯エリアやトイレなどが衛生的で使いやすいというのも重要です。

オフィスデザインの決め方2.オフィスデザインのポイントとは?

 良いオフィスには共通点もありますが、その会社ごとのニーズに合ったオフィスデザインであることも大事です。自社に合ったオフィスデザインを決めていくには、いくつかのポイントを押さえておかなければなりません。なぜなら、ポイントを外してしまうとオフィス機能が十分でないばかりか、何をしている会社かわからなくなってしまうこともあるからです。その結果として、社員のコミュニケーションの低下や生産性の低下につながる可能性も出てきます。

 失敗を避けるためにはオフィスデザインを決めるポイントを知っておくことが大事です。ここでは自社にふさわしいオフィスデザインの決め方のポイントについて紹介していきます。

ポイント1「企業イメージを視覚化する」

 オフィスデザインを決めるポイントの一つとして、企業イメージをしっかり視覚化しておくことが重要です。オフィスは、いわば企業の顔です。オフィスを見れば、どんな企業で、何を大事にしているのかがわかります。その企業がどんな企業か示すものとしてはロゴマークやキャラクター、イメージカラーなどもありますが、企業イメージを視覚化するものはロゴだけではありません。オフィスもまた企業イメージを作り上げるのに非常に重要な役割を担っています。

 企業のイメージを視覚化することで、訪問客がオフィスを見ただけでどんな企業かイメージしやすくなります。たとえば、エコロジーを掲げる企業であれば、グリーンや植栽を多用したオフィスデザインにしたり、自然をモチーフにしたオブジェを取り入れたりすることで、訪問客に企業イメージを強く印象づけることができます。こうすることで、社員も自社ブランドをイメージしやすくなり、愛着を持ちやすくなるなどの効果も期待できるでしょう。

 言葉だけで企業理念やミッションなどを伝えるのには、やはり限界があります。ブランドイメージやミッションをオフィスの中で具体化することで、社員がそれらを体感できるようになり理解を深めてもらうことができます。

ポイント2「業務に合った使いやすい空間」

 オフィスデザインを決めるポイントの一つとしては、業務に合った使いやすい空間を作ることも挙げられます。オフィスはあくまで仕事の場ですから、デザイン性を重視して仕事がしにくくなってしまっては本末転倒です。一つの会社の中には、デスクワークをはじめとして外回り業務、受付業務など、さまざまな仕事があります。それぞれの仕事ごとに業務内容がまったく異なるので、それぞれの部署や社員個人の業務内容に合った仕事がしやすい空間作りを考えなければなりません。

 具体的にどのようなオフィスデザインが良いかは、実際の業務に合わせて考えていく必要があります。社員ひとりひとりに固定されたデスクが必要な部署もあれば、簡易的な作業空間やミーティングテーブルを用意するほうが効率的に作業できる部署もあるでしょう。オフィス設計は自由な発想で行うことが大切です。「オフィス」という枠にとらわれず、ワークスタイルに合わせた空間作りをすることがポイントになります。

 仕事がしやすいオフィスデザインを考える際には、まず、部署ごとの特徴を把握することが大事です。どんな空間だと社員が働きやすいのか、どこに何があると作業効率が良いのかなどを検証してみましょう。同じ机と椅子でも、業務内容が違えば、まったく違う置き方が好まれることもあります。実際の使い良さは、社員が一番よく知っているわけですから、社員アンケートを実施して、使いやすいオフィスデザインについてヒアリングするのも1つの方法です。

ポイント3「リラックススペースを設ける」

 オフィスデザインを決めるポイントの一つとして、リラックススペースを設けることも重要です。ワークスペースとは別に、社員が自由に休憩できるスペースを設けます。ここは、ランチタイムやティータイムで使うほかに、部署間を超えたコミュニケーションの場としても利用できます。用途をあえて決めずに、社員に好きなように利用させてみるのも良いかもしれません。

 ワークスペースではパソコンなど仕事の道具に囲まれているので、どうしても堅苦しい雰囲気の中で会話せざるを得ません。そこで、活用したいのがリラックススペースです。気軽に雑談ができる自由な空間を設けることで、作業から離れ、リラックスしながら自由にコミュニケーションを取ることができます。仕事や立場にしばられないで自由な発想ができるので、ブレーンストーミングの場として活用すれば、ひょっとしたらここから新しいアイデアが生まれるかもしれません。

会社の特徴を考えてオフィスデザインを決めよう

 オフィスデザインを考えるときは、社員や訪問者にとって快適な空間づくりが何よりも重要になります。仕事をする場ですから、作業効率もしっかり考えたうえで作業がしやすい場所にすることが、デザイン性よりも大切です。また、オフィスは企業の顔になるところですから、企業イメージを正しく伝えるものであることも大事なポイントです。

 中には斬新で奇抜なオフィスデザインもありますが、ただ単に面白いものを真似たり、目を引いたりすればいいということではありません。自分の会社の特徴や業務内容を考えて、ブランドイメージを正しく伝え、使いやすく快適で、さらにデザイン性に優れた個性的なオフィスにしていきましょう。

オフィスチェア

上手なオフィスチェアの選び方

 普段仕事をするときに何気なく座っているオフィスチェアですが、実は従業員の能率(作業効率)を左右するほど重要な役割を果たしています。しかし、そんな重要なオフィスチェアを購入する際に注目されるのは、オフィスチェアの価格やオフィスの内装との統一性などが多い傾向にあります。
毎日従業員が使用するオフィスチェアを選ぶときに、本当に大切なことは機能性やデザイン性です。オフィスの移転や拡大などに際してオフィスチェアを新たに購入する場合は、選定基準を知り、組織全体の生産性を高くするために役立てましょう。この記事では、従業員の作業効率を向上させる可能性を秘める、オフィスチェアの選び方について解説していきます。

上手なオフィスチェアの選び方1.オフィスチェアは何でもいいわけではない

 オフィスチェアを選ぶときに大切なことは、購入予算に合っていることだけではありません。仕事をする際に従業員が毎日使用するオフィスチェアは、選び方次第では多くのメリットを得ることができます。大切な観点は、従業員の仕事の能率(作業効率)を高める「機能性」とモチベーションを向上させる「デザイン性」の2つです。

 まず、オフィスチェアの機能性のメリットについてです。長時間座ったままの仕事であっても、機能性の高いオフィスチェアは従業員の腰痛や肩こりを軽減することができます。一方で、機能性の低いオフィスチェアに座ったままの作業が続くと、疲れが溜まってしまい、作業効率を下げてしまうことがあります。つまり、長期的な視点を持って考えると、従業員の生産性を高めるために機能性の高いオフィスチェアに予算を割くことは、とても大事なことです。

 次にデザイン性のあるオフィスチェアのメリットは、従業員のモチベーションアップに繋がることが代表的です。デザイン性の高いオフィスチェアは、インテリアとして空間に華やかな印象を与えますし、落ち着いた雰囲気を演出することもできるので、目的に合わせてデザインにもこだわってみましょう。

上手なオフィスチェアの選び方2.機能性が高いオフィスチェアとは?

 従業員の生産性を向上させるためにはオフィスチェアの機能性が重要なのです。では、機能性が高いオフィスチェアとはどのようなものでしょうか。ここでは、従業員の生産性を向上させるオフィスチェアの機能について紹介します。

 まず、デスクワーク業務が多い場合に大切なことは、腰椎を支えて良い姿勢をサポートしてくれるという機能です。長く座っていると姿勢が悪くなってしまい、疲労が溜まりやすくなってしまいます。しかし、背もたれが背骨に沿った自然なラインのオフィスチェアを選ぶことで、従業員は姿勢がいい状態を自然と保つことができ、疲れにくくなります。

 また、腕を置くことのできるアームレストや頭を支えることのできるヘッドレスト、足を乗せて休ませることができるオットマンが付いているオフィスチェアは、仕事中の負担を軽減することができます。さらに、休憩の質を高めることで、能率(作業効率)を高めることに繋がります。

 従業員のそれぞれ異なる体格や、動きに合わせて自由自在に動くことができるオフィスチェアを選ぶこともポイントです。従業員それぞれにオフィスチェアが最適化されるため、従業員の脳が活性化します。このようなオフィスチェアは座面はもちろん、アームの高さまで座る人に合わせて調整できるため、作業に集中することをサポートしてくれるでしょう。

 最近のオフィスチェアには、背中や腰をサポートしてくれるものが多くなってきているので、従業員の生産性を高める基本的な機能としてチェックすることをおすすめします。

 このようにオフィスチェアの機能にはさまざまなものがあり、オフィスチェアによって搭載されている機能もその目的も変わってきます。従業員や仕事の特徴、オフィスの床材などに合わせたオフィスチェアを選ぶようにしましょう。

上手なオフィスチェアの選び方3.オフィスチェアの3つの基準

 次に、実際にオフィスチェアを上手に選ぶために考えておきたい「使う場所」「材質」「機能」の3つの基準を紹介します。

 まずは、オフィスチェアを「使う場所」を考えていきましょう。同じオフィスであっても、どんな作業をするかによってオフィスチェアを使用する時間も用途も変わってくるため、それに合わせたオフィスチェアを選びましょう。また、オフィスの床の質や特徴によってキャスターを選ぶことで、オフィスチェアの可動性がよくなります。

 2つめの基準はオフィスチェアの「材質」についてです。オフィスチェアに使われている材質は、本革やPUレザー、メッシュ、マイクロファイバーなどさまざまな種類があります。例えば、本革は軽く・水にも強い性質があり、PUレザーは耐久性・耐水性に優れていて汚れにも強いなど、それぞれ特徴があります。使う場所や目的に応じてオフィスチェアの材質を選びましょう。

 最後に、オフィスチェアの「機能」について紹介します。オフィスチェアと一言で言っても、さまざまな機能が搭載されており、その一つにリクライニング機能とロッキング機能があります。背もたれに体重をかけると背もたれが後ろに傾斜し、リクライニング機能はそのまま固定され、ロッキング機能では体重をかけるのをやめると元の状態に戻ります。

 予算に余裕があれば、それぞれの従業員の体系や身長に合わせて最適化できるアームレストやヘッドレスト、座面が自分で調整することができる機能や、腰の負担を軽減することができるランバーサポートなどの機能が搭載されたオフィスチェアを検討してみるのもいいでしょう。長い目で見れば、機能性の高いオフィスチェアを選ぶことによって従業員の生産性が上がることを考慮し、オフィスチェアにかける予算を多くとっても損はないかもしれません。

 そして、オフィスチェアを購入するにあたって、できる限り座って試してみることをおすすめします。そうすることで、従業員が実際に使う時の背もたれのフィット感や座った感触などを確認することができ、オフィスチェア選びに失敗する可能性を下げることができます。頻繁に新調することのないオフィスチェアだからこそ、実際に試してみることを大切にしましょう。

不要になったらリサイクルも可能

 オフィス移転や拡大を機に、新しいオフィスチェアを購入するとなった時に困ることは、今まで使っていたオフィスチェアの処分の方法です。不要になったオフィスチェアの処分の方法は廃棄するだけではなく、リサイクルという選択肢も考慮にいれておきましょう。

 まだ使えるオフィスチェアがある場合は、買い取りに応じてくれる専門業者に依頼してみましょう。専門業者に依頼するメリットは2つあります。1つは、出張買い取りに応じてくれるケースも多く、移転のタイミングに合わせて処分することができることです。2つ目は、買い取ってもらうことで、新しいオフィスチェア購入費の一部にすることができることです。これらが、ただ廃棄してしまうことと比べた際の、専門業者の買い取りによるメリットです。そのため、どうせ廃棄してしまうなら、一度専門業者に相談することをおすすめします。

 また、リサイクルの専門業者はオフィスチェアのみではなく、デスクや収納庫などの他のオフィス家具の買い取りも行っています。オフィスを移転する際は、専門業者にまとめて依頼することも考えてみてはどうでしょうか。

作業効率を考えてオフィスチェア選びは慎重に!

 ここまでオフィスチェアの選び方や処分の方法について紹介してきました。繰り返しになりますが、長時間座って作業する従業員にとって、オフィスチェアは非常に重要なものです。従業員の作業効率を高めるために、今回の記事を参考にして、疲労を軽減するような機能性が搭載されており、モチベーションが向上するデザイン性を持ったオフィスチェアを選ぶように心がけてみましょう。

その他オフィス移転お役立ち情報