日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  サービス・ソリューション  >  国内輸送  >  鉄道輸送  >  鉄道コンテナNAVI(webRACS)  >  お客さまのご発注からお荷物のお届けまで Step 4 輸送中

お客さまのご発注からお荷物のお届けまで Step 4 輸送中

日通WEBナビゲーションサービス 鉄道コンテナNAVI

お客さま「輸送状況確認」

画像をクリックすると拡大します

日本通運の鉄道輸送をご利用のお客さまは、「鉄道コンテナNAVI」で、輸送中のお荷物(コンテナ)のステータスや、現在位置を調べることができます。
「鉄道コンテナNAVI」の会員であれば、FAX等でオーダーを行っていても、輸送状況確認機能を利用できます。

日本通運「輸送状況報告」

東京コンテナ事業所 コンテナ課 発送係
鉄道輸送は時間に正確ですが、悪天候や事故などの影響で列車に遅れ等が生じた場合、お客さまに状況をいち早くお知らせしています。復旧のめどが立たない場合には、ほかの輸送手段による振り替え輸送の手配も行います。

鉄道コンテナNAVI「輸送状況のメール通知」

「受付確定」「発送」「到着」などのステータスを、メールで通知します。また、列車が遅延したり、お荷物に滞留/抑留が発生した際にも、メールで情報をお伝えします。
通知を受け取るメールアドレスは、事前に登録が必要です。メールアドレスは複数登録できるので、社内・社外の関係者と情報を共有することができます。

1日で地球約5.5周! ~ 貨物列車豆知識 ~


日本で1日に走る貨物列車は581本。その合計走行距離は、なんと地球約5.5周分(219000 km)にもなります。
「日本で一番長い距離を走る列車」は、新幹線でも寝台特急でもなく、実は札幌~福岡を結ぶ貨物列車(コンテナ車)。2132 kmを、乗務員16人交代で37時間以上走り続け、トラックや船よりも早くお荷物をお届けしています。
さらに貨物列車は、1本で最大トラック65台分(650トン)のお荷物を運ぶことができます。運転手1人でトラック65台分のお荷物が運べるなんて効率的ですね。
日本全国を24時間365日走っている貨物列車。今まさにこの瞬間も、お客さまのお荷物を運び続けているのです。

2010年4月日本貨物鉄道株式会社発表の数値をもとに算出しています。

鉄道コンテナNAVIの関連サービス

  • モーダルシフト
    「モーダルシフト(Modal Shift)」とは、環境負荷の低い輸送手段(Modal)への転換(Shift)のことです。
  • グリーンロジスティクス
    日通のグリーンロジスティクスサービスは、総合物流企業とし幅広いビジネスフィールドの中で、輸送モード転換や輸送効率化、資材リユースによるCO2削減を目的としたサービスから、リサイクルなどの循環型サービスや産業廃棄物処理などの環境保全型関連サービスなど、多種多様なサービスをご提供しています。
  • アローBOX
    鉄道輸送用コンテナでは大きすぎる…、小ロットの貨物を輸送したいとき…、日本通運では他のBOX商品もご用意しています。

鉄道コンテナNAVI 会員登録